×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

大晦日に太宰府天満宮で大祓式(おおはらえしき)が斎行

平安時代から行われている罪や穢れを祓い清める大祓式

2016年12月31日(土) 16時から太宰府天満宮の楼門前で大祓式が斎行される。

太宰府天満宮の大祓式は、大祓詞(おおはらえのことば)を唱え、罪や穢れを遷した形代(かたしろ)を神聖な火である浄火で燃やし、罪や穢れを祓い清めて神様に祈りを捧げる神事である。

大祓式は、日本全国の神社で同日に斎行され、6月30日に斎行される大祓式は「夏越しの大祓」、12月31日は「年越しの大祓」ともいわれる。個人のお祓いだけでなく、社会全体もお祓いする公の神事で平安時代から行われているという。

宰府天満宮で大祓式

形代に罪や穢れを遷す方法とは?

参加者には人の形をした形代を渡されるので、自分の罪や穢れをその形代に遷してお祓いをしてもらう。

自分の罪や穢れを遷す方法は、まず形代に名前と数え年を記入し、次にその形代で全身(特に体の具合の悪い所)を撫でて、最後に形代に3回、息を吹きかけて体の外側と内側の罪や穢れを遷すという方法になっている。

大祓式には誰でも参加することが出来き、参加申し込みは、2016年12月25日(日)頃までとなっているが、当日でも、参加可能となっている。

【開催日時】 2016年12月31日(土) 16時~
【所在地】  〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号 太宰府天満宮
【問い合わせ先】太宰府天満宮社務所 TEL 092-922-8225(9時~17時)
 (引用元:大宰府天満宮ホームページより)

(画像は大宰府天満宮ホームページより)

外部リンク

太宰府天満宮 お祭り・催し

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP