×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

九州歴史資料館の企画展「大宰府(だざいふ)の役人と文房具」開催中

開催の要項

九州歴史資料館(福岡県小郡市三沢5208-3)第1展示室では、期間2016年11月23日(水)~2017年1月15日(日)で、企画展「大宰府の役人と文房具」を行っている。

開催時間は、09:30~16:30(入館は16:00まで)。料金は、一般200円、高大生150円で、中学生以下、満65歳以上、障がい者等とその介護者1名は無料(土曜日は高校生も無料)だ。

また休館日は月曜日。ただし月曜が祝日または振替休日の場合は開館し、その翌平日が休館となる。年末年始の休館は12月28日~1月4日。

大宰府の役人と文房具

(画像は「展示案内|九州歴史資料館」より)

展示内容

日本三大史跡に数えられる「特別史跡 大宰府跡」で、約50年にわたる発掘調査で出土した「文字資料」や「文房具」。

企画展「大宰府の役人と文房具」ではこれらを総覧し、古代九州を治めていた大宰府の役割や重要性、そこで働いていた人々の実態に迫る展覧会である。

また、大宰府が栄えた当時の都である奈良県の「平城宮跡」の出土品や、西海道(さいかいどう)の役所跡から出土した資料も併せて展示することで、大宰府の特色を浮き彫りにする。

九州の古都大宰府

大宰府が置かれた筑紫(ちくし)の地は、日本と大陸の接点に位置し、奈良・平安時代においては外交や軍事を主な職務とし、当時「西海道」とよばれた古代の九州を治めた役所で、歴史上重要な役割を担ってきた。

この大宰府の中心施設は福岡県太宰府市(だざいふし)を中心とする地域に置かれ、その史跡は筑紫野市(ちくしのし)・春日市(かすがし)・大野城市(おおのじょうし)・太宰府市・宇美町(うみまち)など広域に広がっており大宰府史跡と総称している。

外部リンク

展示案内|九州歴史資料館

http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP