脱出ゲーム×ファイナルファンタジー 福岡で開催決定!

「リアル脱出ゲーム×ファイナルファンタジーXIV」が来年5月に福岡で開催

リアル脱出ゲームを提供している株式会社SCRAPは、株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」とのコラボレーション脱出ゲームである「大迷宮バハムートからの脱出」の福岡開催を発表した。2017年5月11日からの4日間、福岡にある西鉄ホールにて開催される。

脱出ゲーム×ファイナルファンタジー

リアル脱出ゲームとは

脱出ゲームは「クリムゾンルーム」という、2004年に公開されたフリーゲームから始まった、締め切られた状況から、部屋の中にあるヒントを頼りに、道具やカギなどを見つけながら、部屋からの脱出を図るという、ゲームジャンルの一種のこと。

リアル脱出ゲームは、このゲーム性をそのまま現実世界で再現し、実際に人が入って脱出に挑戦するという、まさにリアル版の脱出ゲームのこと。2007年に初めて開催され、それ以来、廃校や廃病院を利用したものや、マンションや六本木ヒルズ、東京ドームでも開催されており、日本だけではなく、海外での人気も高い、エンターテイメントアトラクションとなっている。

制限時間は「60分」仲間と協力し世界を救え!

「大迷宮バハムートからの脱出」は「FINAL FANTASY XIV」とリアル脱出ゲームのコラボレーションとして企画され、プレイヤーは「FINAL FANTASY XIV」の世界観を実際に体感しながら、世界を破滅させる龍神「バハムート」の復活を阻止し世界を破滅から救うべく、さまざまな謎に挑戦していくこととなる。

世界の破滅までに残された時間は「60分」。仲間たちと協力し、巨大遺跡の地下に眠るバハムートの復活を防ぐことができるのか、チームワークと発想力・行動力が試される。

前売一般・前売グループ・当日券各種販売

「大迷宮バハムートからの脱出」は福岡市中央区天神にあるソラリアステージ6F「西鉄ホール」にて、2017年5月11日から14日までの4日間開催される予定で、チケットの一般販売は1月14日からスタート、団体参加者向けのグループチケットの取り扱いも行われる予定となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

SCRAP プレスリリース

https://www.atpress.ne.jp/news/118954

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP