新しい美術のあり方を紹介「アート横断V 創造のエコロジー」開催

福岡アジア美術館が開催する「アート横断」シリーズ

2017年2月18日(土)~3月21日(火)の期間、福岡アジア美術館で「アート横断V 創造のエコロジー」が開催中である。

同展示会では、「異なるジャンルと交錯することによって生まれた新しい美術のあり方」に注目し、幅広い領域を横断するアーティストを紹介するという。

アート横断V 創造のエコロジー

関連イベントも開催

「アート横断V 創造のエコロジー」には、デジタル技術などを駆使した作品やパフォーマンスなどを行う「エクシード」、農業や経済、生態学などを横断して活動を行う「ホァン・ボージィ」、インド各地の民俗芸術や大衆文化を横断する活動を行う「イシャン・コースラ」などの作家が参加している。

関連イベントも行われる予定になっており、2月25日(土)には、電子工作入門講座「Arduinoで動く簡単お絵かきロボットを作ろう!」、3月5日(日)には、ワークショップ「九州参座 珈琲と編集」、3月11日(土)には、トーク「アートと地域~福岡、フィリピン、東南アジア」などが行われる予定。

様々なジャンルを横断して生まれる新しい美術を体験してみてはいかがだろうか。

(画像は、福岡アジア美術館のホームページより)

外部リンク

福岡アジア美術館 「アート横断V 創造のエコロジー」特設サイト

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/ecologyofcreation/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP