「明るい農村 天水」が博多にやってくる!

こだわり加工品も勢揃い

株式会社丸井グループの運営する福岡市博多区の「博多マルイ」では、3月15日(水)~3月28日(火)の期間限定で、熊本県玉名市天水町の農産物を使った、無添加のドライフルーツをはじめとする、素材を活かしたこだわりの加工品を展開するイベント「明るい農村 天水」を開催している。

地元の農業法人が熊本の豊かな大地と美しい水によって育んだ「しらぬい(デコポン)」は糖度、酸度の基準をクリアした選りすぐりの産品で、温州みかんを皮ごとスライスして製造した「みかんチップス」は、サクサク新感覚ドライフルーツとして現場スタッフもオススメの逸品だという。

また期間限定ショップでは、風味豊かな上に素材の味を活かした調理法でヘルシーさを維持している、自然な味わい「焼きドーナツ」なども展開される。

話題の'デコポン'はいかが

みかんの種類は数あれど、糖度13度以上である事やクエン酸1.0以下など、全国統一基準を満たさなければ出荷できないのが「しらぬい(デコポン)」だ。

生産地が独自に基準を設けて他と差別化を図る事例はあるものの、「全国統一糖酸品質基準」のような厳正な基準を定めているのは「しらぬい(デコポン)」だけで、イベントではその中でも選りすぐりの逸品に巡り会えるかもしれない。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

丸井グループ プレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp

博多マルイ

https://www.0101.co.jp/090/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP