×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

食・自然・ものづくり体験プログラムいっぱい「水辺のくに博覧会」

水辺のくにを満喫できるプログラム

福岡の遠賀・中間地域の魅力を堪能できる第2回「水辺のくに博覧会」が、9月3日(土)から11月27日(日)まで開催されている。

「水辺のくに博覧会」は、遠賀・中間地域の1市4町(中間市・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町)で、さまざまな体験ができるプログラムが集められたもの。昨年度14だったプログラム数は、今年は34と大幅に増えている。

水辺のくに博覧会

魅力的なプログラムのジャンルはさまざま

「水辺のくに博覧会」のプログラムは、地域の食や自然、ものづくりなどさまざま。すべて地元の店舗などで体験できるようになっている。

ドッグカフェで行われる「ワンちゃんのしつけ教室」、初心者でも参加できる「やさしいフラ教室」や、芦屋海浜公園では近頃人気の「苔玉づくり体験」、料理教室で開催される「本格派シフォンケーキ教室」などの趣味やものづくり。

夕暮れ時、海を目指して芦屋を歩く「夜のあしやdeポールウオーキング」は、小学生から参加できる。

他にもさまざまなプログラムがあるので、ホームページやパンフレットなどを見て、気になるプログラムに参加してはいかがだろうか。

定員になると締め切られるため、人気のプログラムの申し込みはお早めに。

外部リンク

水辺のくに博覧会

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/mizubeaki.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP