参加店舗は80店舗!秋はほろ酔い、門司港バル

食べて!飲んで!見て!門司港珍発見の11日間。

11月10日(木)から20日(日)まで、北九州市門司区の門司港一帯で、「門司港バル」が開催される。

門司港バル

これは、門司港の栄町地区を中心としたエリア一帯をスペインのバル街に見立てて飲食店やお土産店舗、サービス店舗を食べ歩くイベントである。

バルとは、

バル(Bar)とは酒場と食堂が一緒になったような飲食店のことで、英語のBar(バー)と書いてイタリア語で「バール」、スペイン語「バル」と呼ぶ。

朝から深夜まで営業し、コーヒーやビール、ワインなどの飲み物から南ヨーロッパの典型的なおつまみ「タパス」や「ピンチョス」などを提供する。

単なる飲食店としてだけでなく、地元の人々にとってコミュニケーションの場として利用され、生活の一部として定着している。

日本でも、こうした文化を取り入れ、「街バル(Machibar)」と名付けた食べ歩き・飲み歩きのグルメイベントが地域と飲食店の活性化を目的として盛ん行われるようになっている。

参加店舗は80店舗!

イベント期間中は5枚綴りのチケットを購入し、好みのお店を何件でも自由に出入りし、同時に街歩きも楽しむことができる。

また最後の2日間、19日(土)・20日(日)は、同エリアで「門司港キャンドルナイト」も開催されるので、門司港の街がさらに盛り上がることは間違いない。

日 時:2016年11月10日 ~ 2016年11月20日 12:00~22:00 
会 場:門司港一帯
料 金:前売券3,000円・当日券3,500円

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

門司港バル実行委員会公式ウェブサイト

http://mojiko-bar.com/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP