白秋を偲ぶ水上パレードと1000発の花火/水郷柳川

水郷柳川

11月1日より3日間に亘って、福岡県柳川市内の水郷で、「白秋祭水上パレード」が行われる。

これは、20世紀、日本近代文学に偉大な足跡を残した詩人・北原白秋を偲ぶイベントである。

北原白秋

1885年(明治18年)生まれ、旧柳川藩御用達の商家で育ち、1904年(明治37年)に早稲田大学に入学。

学業の傍ら詩作を始め、1909年(明治42年)に処女詩集「邪宗門」を発表、その後は、詩集「桐の花」、童謡集「とんぼの眼玉」など作品を次々に著し、詩壇の第一人者となった。

「雨ふり」「待ちぼうけ」「からたちの花」など、誰もが知る多くの詩を残し、1942年(昭和17年)11月2日、57歳で亡くなった。

白秋の死後に刊行された写真集「水の構図」は、柳川を風景と白秋の詩の作品集で、白秋の故郷柳川への強い想いが著されている。

人々の白秋への想い

柳川市では、白秋の遺徳を偲び、命日を挟んで毎年様々な文化・芸能行事が行われている。

その目玉となるものがこの水上パレードで、周囲の遊歩道沿いに設けられた20数カ所のステージ上では郷土芸能や雅楽、囃子、琴演奏などが催される。

終盤のクライマックスでは、約1000発の花火が打ち上げられ、水郷柳川の夜を大いに盛り上げる。

開催情報

開催期日2016年11月1日(火)・2日(水)・3日(祝) の3日間
実施時間17:30 乗船完了(各乗船場) ~21:00 下船予定
運航経路(コース)柳川橋河畔~沖端(柳川城堀:内堀コース)
(柳川市観光協会公式ウェブサイトより)

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

柳川市観光協会公式ウェブサイト

http://www.yanagawa-net.com/parade.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP