×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

音楽とアートの宴「月酔祭」。与論島で

踊絵師、神田さおりによるパフォーマンスアート

「月酔祭」は、神田さおりによる踊絵パフォーマンスを中心とする、アートイベント。神田さおりが祈りをこめて描く一夜の幻想の世界が、今年も満月の10月15日に開催される。

鹿児島県最南端のサンゴの島、与論島のビーチで行われる音楽とアートの宴が「月酔祭」。波と響き合う音楽とゆらめく炎舞が、与論島の豊かな自然を舞台に繰り広げられる。

月酔祭

日の入りから始まるイベント

会場となるのは、与論島茶花海岸ステージで、祭りは10月15日(土)の「日の入り」から始められる。出演者は、踊絵の神田さおり、かりゆしバンド、川畑アキラ、宮良牧子、成川正憲らの音楽。炎舞はSui Runa。

神田さおり(かんだ・さおり)

アラブ首長国連邦のドバイ育ち。世界中を旅しながら、場所や人との出会いに全身で感応し、エネルギーを表現し続けるアーティスト。Dragon Ashらのミュージシャンとのコラボレーションも多数。

入場料と問い合わせ先

入場料は2000円で、会場入口にて販売される。全席自由席で小学生以下は無料。問い合わせは「与論島観光協会」まで。電話0997-97-5151。

外部リンク

与論島観光ガイドウェブサイト

http://www.yorontou.info/

「神田さおり」オフィシャルウェブサイト

http://www.saorian.com/cn9/top_index.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP