×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

西米良の歴史ある夜神楽(神社大祭)

西米良村の夜神楽

宮崎県児湯郡(こゆぐん)西米良村(にしめらそん)では、秋も深く11月、12月になると、1年の五穀豊穣を感謝する大祭が各地区の神社などで行われる。

神社大祭は「神に仕えまつる」という心で、先祖代々受け継がれてきたもの。

1年の豊穣を神様に感謝し、1年の疲れを皆で癒やし、これからまた始まる1年の幸を祈る。夜19:00から翌朝7:00まで、夜通し舞い続ける。

夜神楽

西米良村ってどんなところ?

西米良村は、宮崎県の西部に位置する村で、山林が面積の96%を占める、自然豊かな村である。

ここでは、好釣り場が多い一ツ瀬川があり、全長4kmのトレッキングコースが整備され、またキャンプ場でバーベキューを楽しむこともできる。

恵み豊かな西米良村を代表する農作物に、古くから栽培されている「柚子」がある。鍋料理や入浴の友として、また「ゆずみそ」などの加工品もある。

西米良温泉「ゆた~と」や川の駅「百菜屋」などの施設もあり、村内外の人々が気軽にくつろげる空間作りを進めている。

夜神楽の日にちと会場

夜神楽の実施日と会場を紹介しよう。

児原稲荷(こばるいなり)神社大祭は、11月26日(土)に児原稲荷神社(越野尾(こしのお)地区)で行われ、越野尾神楽が奉納される。

狭上稲荷(さえいなり)神社大祭は、12月3日(土)に狭上稲荷神社(村所地区縄瀬(のうぜ))で行われる。

米良(めら)神社大祭は、12月10日(土)に米良神社(小川地区)で行われ、小川米良神楽が奉納される。

村所八幡(むらしょはちまん)神社大祭は、12月17日(土)に村所公民館(村所地区)で行われ、村所神楽が奉納される。

竹原天満(たけはらてんまん)神社大祭は、12月24日(土)に竹原協業センター(竹原地区)で行われる。

その他に、語り部による「冬の語りと申すカッチン」が、米良神社大祭では「おがわ作小屋村」で、村所八幡神社大祭では「みちくさギャラリー」で、それぞれ17:00から開催される。

夜神楽の参加について

西米良神楽(神社大祭)は、誰でも無料で見ることができる。ただ神事であり、豊穣を感謝する礼儀として「初穂料」や「焼酎2升」を奉納する習わしがあることを心得ておこう。

また酒や食事の「ふるまい」が出される地域もあるが、これは神様と人が一緒に食事をするという「直会(なおらい)」の儀式で、舞手のみだったり、参列者にも振る舞われたりと、地域の慣習によって異なる。

夜神楽は夜通し開催されるため、防寒対策(使い捨てカイロ、膝掛け、毛布など)の準備が大切だ。各地区の婦人会による食べ物の販売もあるが、真夜中用のおやつ、飲み物なども持参しておくと何かと便利だろう。

外部リンク

西米良へようこそ - 平成28年 夜神楽のお知らせ

http://www.nishimera.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP