×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

九重ふるさと自然学校、「しめ縄綯いと正月飾りづくり」開催

ワラ縄を自分で綯(な)ってみる

大分県九重町の九重ふるさと自然学校は、12月3日、イベント「しめ縄綯いと正月飾りづくり」を開催する。

同イベントは、自然学校の田んぼで育ったワラを使い、生活の様々な場面で使えるワラ縄を綯(な)ってみるというもの。

しめ縄綯いと正月飾りづくり

自然環境や生態系の保護・保全活動を展開

大分県九重町は、阿蘇くじゅう国立公園くじゅう地域に代表される山岳部と、草原や水田など人が育む自然環境が共存する、自然豊かな場所として知られる。この地において九重ふるさと自然学校は、「人と自然、自然環境と地域社会の共存・共栄を自然から学ぶ」を基本理念として設立された。

同校では、九重を基点とした自然環境や生態系の保護・保全活動を展開。タデ原や坊ガツルをはじめとする草原環境の保全や、草原性チョウの保護活動を行っている。また、自然共生型の田んぼづくりや雑木林の保全を目指した炭焼きなど、里地里山の保護・保全活動も実施。さらに、多くの人が参加できるプログラムも行っている。

松の葉などを採集し、綯えた縄に飾りつけ

「しめ縄綯いと正月飾りづくり」では、ワラ縄を綯うと共に、しめ飾りの製作も行う。冬の九重を散策しながら松の葉などを採集し、綯えた縄に飾りつけを行うという。自分でつくった飾りで正月を迎えれば、年明けが一味ちがったものになると、同校はしている。

「しめ縄綯いと正月飾りづくり」は、12月3日、大分県玖珠郡九重町田野の九重自然教室(さとばる)にて開催。参加費は、大人500円、子ども(小・中学生)300円。

外部リンク

しめ縄綯いと正月飾りづくり - 九重ふるさと自然学校

http://www.7midori.org/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP