門司港で古物・骨董市

門司港で7回目となる古物・骨董市が開催される

古いモノに出会える蚤の市が11月の12日(土)と13日(日)の2日間、門司港レトロ中央広場で開催される。「モジコウノ蚤の市 門司港 古物・骨董市」と題されたこの骨董市は、今回で7回目。

門司港で古物・骨董市

北九州では珍しい蚤の市

北九州では蚤の市は珍しい。和洋の骨董を始め、陶器や着物、おもちゃ、レトロ雑貨などの懐かしいモノたちが門司港レトロ広場に集合する。出展者は九州だけでなく、広く山口や広島などから集まり出展する。

蚤の市に集まるのは、単なるモノではなく、古いものに宿る思いや歴史。これまでの持ち主たちの物語に新しい1ページを加えようと、古き良きものとの出会いを求めて毎回多くの人々が集まる。

この骨董・蚤の市を主催しているのは「acud.」(アキュッド)。2008年から門司港レトロ観光サイト「門司港レトロインフォメーション」を運営しており、「門司港+女子フォト」や「テガミカフェ」、「海辺のカモメ市」などを手がけている。季刊誌「門司港レトロ旅手帖 」、雑貨ブック「門司港行くなら雑貨とカフェ」「などの企画にも携わり、門司ローカルコミュニティならではの情報発信を行なっている。

交通アクセスと問い合わせ先

開催場所となる「門司港レトロ中央広場」の住所は、福岡県北九州市門司区東港町1。JR「門司港」駅より徒歩5分。車の場合は、北九州都市高速道路「春日」ICより約3km。入場は無料。

開催日は12日(土)と13日(日)の2日間だが、初日の12日は9時から16時まで。2日目の13日は15:00で終了する。問い合わせはacud.(アキュッド)まで。電話070-5698-6612 。

外部リンク

「門司港 古物・骨董市」公式ホームページ

http://www.mojiko.info/kottou/about

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP