400年前にタイムスリップ!「フェスティビタス ナタリス 2016」

幻想的なクリスマス行列

12月3日(土)、南島原市北有馬町で、古来のクリスマスを再現した「フェスティビタス ナタリス」が開催される。

フェスティビタス ナタリス 2016

北有馬町は、約400年前に日本で初めて、イエズス会の中等教育機関、有馬のセミナリヨが設立された場所。

「フェスティビタス ナタリス」は、有馬のセミナリヨから伝えられたヨーロッパ文化を再現し、国際交流をテーマにはじまったイベントだ。

約400年前に行われていた、日野江の城下町を練り歩く「クリスマス大行列」を再現した「南蛮行列」は雰囲気たっぷり。

松明を持った人々が歩みを進める、幻想的な光景を見ることができる。

ほかにも、有馬のセミナリヨの生徒であり、日本初のヨーロッパ派遣団、「天正遣欧少年使節」が豊臣秀吉の前で披露した西洋音楽や、聖歌隊による古楽器演奏。

ラテン語でグレゴリオ聖歌も歌われる。

高さ30メートルのクリスマスツリーや、会場付近の街路樹に施される、1.6キロメートルにも及ぶ美しいイルミネーションも見応えたっぷりだ。

北有馬ならではの催し!

「フェスティビタス ナタリス」では、さまざまな催しも行われる。

毎年人気となっているのが、「いちごコロコロレース」。

北有馬特産の、いちごを収穫する際に使用する台車をつかって行われる、郷土色たっぷりのレースだ。

また、「世界遺産クイズ」の開催も予定されている。

400年前の南蛮料理も再現され、タイムスリップ感を楽しめる「フェスティビタス ナタリス」。

北有馬の伝統的なクリスマスに参加してみてはいかがだろうか。

外部リンク

フェスティビタス ナタリス

http://www.city.minamishimabara.lg.jp/page5968.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP