鳥獣戯画を特別公開-「高山寺と明恵上人」展

平安絵巻の傑作「鳥獣人物戯画」全4巻が九州初公開

京都の古刹である高山寺には、数多くの宝物が伝わっており国宝「鳥獣人物戯画」もその一つ。今回、多くの名宝とともにこの鳥獣戯画全4巻が九州国立博物館で公開されている。「鳥獣人物戯画」が九州で公開されるのは初めて。

高山寺と明恵上人

京都の古刹高山寺と明恵上人

「高山寺と明恵上人」展は、秋の紅葉で知られる高山寺に伝わる宝物や聖教を、明恵上人の生涯をたどりながら一挙に紹介するもの。明恵上人は奈良時代に創建された高山寺を鎌倉時代に再興した中興の祖。釈迦を信じ、ひたすら仏道修行に励んだ明恵上人は、鎌倉時代の多くの僧侶たちの中でもひときわ異彩を放っている。

この展覧会の見所の第一は、平安絵巻の傑作「鳥獣人物戯画」全4巻が九州で初公開されていること。しかし、高山寺の名宝が一挙に公開されていることに加え、鎌倉時代の聖僧である明恵の人生を彩るさまざまな宝物に触れることができることも見逃せない。

開催期間は11月20日(日)まで

会期は2016年10月4日(火)から11月20日(日)まで。11月14日は休館日。開館時間は9時半から17時までだが、入場は16時30分までとなっている。料金は一般1600円、高大生1000円、小中生600円

交通アクセスと問い合わせ先

九州国立博物館の所在地は、福岡県太宰府市石坂4-7-2。公共交通機関によるアクセスは、西鉄太宰府駅から徒歩10分。車で来場する場合は、313台の有料駐車場が併設されている。料金は1回500円。問い合わせはNTTのハローダイヤルサービスで応対しており、番号は050-5542-8600。受付は午前8時から午後10時までで、年中無休。

外部リンク

九州国立博物館ウェブサイト

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s45.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP