美食親善大使の共演!「食の都庄内」と「薩摩大使」 の料理を楽しむ

南国・鹿児島と東北・山形県の食がコラボレーション!

地元、鹿児島出身のフレンチシェフ、上柿元勝氏と、山形出身、庄内地方をこよなく愛すイタリアンシェフの奥田政行氏。

日本を代表する2人のシェフがつくる料理を堪能できるイベントが、10月28日(金)、ドルフィンポート2階の「ポルトカーサ」で開催される。

美食親善大使の共演

国際的シェフが腕をふるう!

上柿元勝シェフは、フランス・スイスなどで修行をし、神戸ポートピアホテルでグランシェフ、ハウステンボスホテルズの料理長などを歴任。

2003年には、フランス農事功労賞シュヴァリエを受章し、2005年には、地元鹿児島で「山形屋グループ」のフレンチレストラン、「ミディソレイユ」「ポルトカーサ」をプロデュース。その後も多数、店のプロデュースを手がけており、2013年には薩摩大使に就任している。

一方、山形県鶴岡市に生まれた奥田政行シェフは、イタリア料理をはじめ、フランス料理や菓子類の技術も習得。ホテルの料理長などを勤めたのち、2000年、地元産の食材を使用したイタリアレストラン「アル・ケッチァーノ」を開店した。

2004年、山形県庄内支庁より「食の都庄内」親善大使に任命。庄内食材を全国に広める運動を続けている。また、2005年には、イタリアスローフード協会が選ぶ世界の料理人1000人に選出。その後も数々の賞を受け、サンマリノ共和国「食の平和大使」、イタリアピエモンテ州カネッリの名誉市民となっている。

国際的なシェフ2人が腕をふるう料理を、一度で味わうことができるこの夕べ。10月28日(金)19時から、フルコースの料理とワイン(フリードリンク)で一人20,000円となっている。

フレンチとイタリアン、鹿児島と山形のコラボレーションを舌で味わってはいかがだろうか。

外部リンク

「上柿元シェフの料理を楽しむ夕べ」

URL http://www.dolphinport.jp/index.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP