北海道西海岸の、望洋台スキー場12月17日オープン

望洋台スキー場

北海道の西海岸、留萌郡小平町にある望洋台スキー場。小平市の街並みや雄大な日本海の、パノラマビューを楽しみながら滑走することができる。雪質にも定評があり、パウダースノーを味わえる機会も多い。

ゲレンデには初心者から上級者まで、幅広いレベルに対応したコースが4つ。初心者向け30%、中級者向け60%、上級者向け10%という構成だ。最大滑走距離は510メートル、最大傾斜は30度である。

望洋台スキー場

全コースで、スノーボードの滑走も可能だ。ゲレンデは圧雪車によりこまめに整備されており、子どもでも安心して滑ることができる。

チケットは、ちょっと滑るのに便利な1回券(大人170円)からあり、4時間券1,700円、1日券2,500円、ナイター券1,000円という、リーズナブルな価格設定となっている。

小平町について

明治から大正にかけて、小平町はニシン漁で栄えてきたが、現在はタコ、ウニ、ホタテなどの漁業や、メロン、ソバなどの農業が盛んだ。特産品には、小平産100%そば粉を使用したそばやクレープがある。

小平町は競技スキーも盛んに行われており、リレハンメル冬季五輪のノルディック複合団体金メダリスト、阿部雅司氏や、ソルトレークシティ冬季五輪のアルペン競技日本代表、滝下靖之氏の出身地でもある。

望洋台スキー場詳細

望洋台スキー場へは、車では道央道深川ICより55km。JR留萌線、留萌駅よりバスで約15分。所在地は、北海道留萌郡小平町534-1。問い合わせは、0164-56-2244まで。

外部リンク

小平町役場公式HP

http://www.town.obira.hokkaido.jp/kanko/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP