×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

東北海道で冬の感動体験 釧路湿原 釧路の夕日 タンチョウに出会う旅

自然と動物の感動体験

自然と動物の感動体験

国の特別天然記念物「丹頂鶴」。赤い頭が特徴の丹頂鶴ですが、その名前の由来はまさに頭の赤い部分にあり、「丹」という字は赤という意味で頭頂が丹(赤)色なので丹頂鶴というのだそうです!
昔話や紙幣にも描かれる日本人に馴染みの深い丹頂鶴ですが、実は国内で生息しているのは釧路を中心とした東北海道の一部エリアだけなんです。
その理由の一つとして、国内最大の湿原地帯「釧路湿原」があることです。大きさは約19000hal、ラムサール条約にも登録され沢山の水鳥や動物の生息地となっており、丹頂鶴もここに生息しているんですね!
今回のツアープランでは、そんな日本最大の湿原地帯「釧路湿原」を見て、更に国の特別天然記念物「丹頂鶴」にも会える感動体験ツアーを組み込んでおります!

景観の感動体験

景観の感動体験

釧路市内中心部に流れる釧路川。この釧路川河口付近にかかる幣舞橋からの夕日は、幣舞橋上にある四季の黒いシルエットとオレンジの夕日の背景、釧路港の河口へと広がる釧路川の景色がマッチしてとても美しい景色となります。
釧路港へ訪れた世界の船乗りが感動したと言われるこの絶景は「世界三大夕日」の一つに数えられるほどです。
特に秋や冬は空気が澄んで夕日が更に美しく見えるのと、冬の夕日は釧路川河口延長線上の太平洋に没しますので幣舞橋からの夕日がピンポイントできれいに見えるので、これからの季節が「釧路の夕日」のオススメ時期なんです。
今回のツアー宿泊ホテル「釧路プリンスホテル」からも徒歩圏内で幣舞橋へ行くことが出来ます!

食の感動体験

食の感動体験

北海道と言えば美味しいグルメ!もちろん釧路でも、釧路ならではの美味しいグルメが沢山あります。
まずは、北海道三大市場のひとつ「和商市場」での「勝手丼」。市場内でどんぶりご飯を片手に好きな海鮮食材を乗っけて食べる海鮮丼です。
また、釧路が発祥と言われている、目の前の炉で新鮮な魚介類を炭火で焼き上げる「炉ばた焼き」。細ちぢれ麺とあっさりした醤油スープが特徴の「釧路らーめん」。
などなど、旅の醍醐味であります御当地グルメも沢山楽しめるのが釧路なんですね!

魅力あふれる釧路の感動体験スペシャルツアー

Tour
01

しつげん55PASSで巡る冬のたんちょう号

  • しつげん55PASSで巡る冬のたんちょう号

詳細・内容

運行期間
2018年1月27日(土)~3月4日(日)
所要時間
約7時間
最少催行人員
1名
ガイド
あり
運行
大型(または中型または小型)バスでの運行
注意点
SL冬の湿原号の乗車券は含まれておりません。

運行行程

08:50発
08:55発
08:58発
釧路駅前バスターミナル
釧路フィッシャーマンズワーフMOO
釧路プリンスホテル
10:05発 丹頂鶴自然公園(20分)
11:25発 阿寒国際ツルセンター(60分)
12:40発 山花温泉リフレにて昼食(55分)
13:25発 釧路市湿原展望台(20分)
14:20着 塘路駅前(下車可)
ご希望のお客様はSL冬の湿原号に乗り継ぎ可能
※全車指定席のため、ご乗車前に予約が必要です。
※JR乗車券はお客様自身でのご負担・お手配となります。
14:45発 塘路湖(標茶町郷土館)(20分)
16:00頃着 釧路駅前バスターミナル
釧路フィッシャーマンズワーフMOO
釧路プリンスホテル
POINT
01

しつげん55PASS付だから、丹頂鶴自然公園、阿寒国際ツルセンター、
釧路市湿原展望台の入場無料!

POINT
02

丹頂鶴自然公園では放飼されている約20羽のタンチョウをご覧頂けます!

POINT
03

阿寒国立ツルセンターでは国の天然記念物「タンチョウ」を鑑賞頂けます!

POINT
04

釧路市湿原展望台にて日本最大の広さを誇る
釧路湿原国立公園の大パノラマをお楽しみ頂けます!

観光バス「冬のたんちょう号」で巡るツアーはこちら

Tour
02

釧路湿原&タンチョウ満喫号

  • 釧路湿原&タンチョウ満喫号

詳細・内容

運行期間
2018年2月1日(木)~3月31日(土)
※期間B※2018年2月3日(土)~13日(火)・16日(金)~20日(火)・23日~25日(日)
所要時間
約5時間
最少催行人員
1名
ガイド
なし
運行
中型(または小型)タクシーでの運行
注意点
SL冬の湿原号の乗車券・阿寒国際ツルセンターの入園券・昼食は含まれておりません。

運行行程

10:00発 釧路プリンスホテル
  幣舞橋(車窓)
11:35発 釧路湿原細岡展望台(15分)
14:00発 阿寒国際ツルセンター(40分)
※昼食は各自負担となります。
※入場料:大人460円/小・中学生230円は各自現地お支払いになります。
14:25頃着 釧路空港
15:05頃着 JR釧路駅
釧路プリンスホテル

運行行程(期間B)

10:00発 釧路プリンスホテル
  幣舞橋(車窓)
10:40着 JR釧路駅
ご希望のお客様はSL冬の湿原号に乗り継ぎ可能
※全車指定席のため、ご乗車前に予約が必要です。
※JR乗車券はお客様自身でのご負担・お手配となります。
11:35発 釧路湿原細岡展望台(15分)
12:05発 塘路駅
14:00発 阿寒国際ツルセンター(100分)
※昼食は各自負担となります。
※入場料:大人460円/小・中学生230円は各自現地お支払いになります。 
14:25頃着 釧路空港
15:05頃着 JR釧路駅
釧路プリンスホテル
POINT
01

北海道三大名橋のひとつ「幣舞橋」を車窓からお楽しみ頂けます!

POINT
02

期間限定の観光列車「SL冬の湿原号」にもご乗車接続可能!
※乗車券はお客様自身での事前ご用意が必要です。

POINT
03

釧路湿原国立公園の中でも屈指のビューポイント「細岡展望台」にて
日本最大の広さを誇る釧路湿原国立公園の大パノラマをお楽しみ頂けます!

POINT
04

阿寒国立ツルセンターでは国の天然記念物「タンチョウ」を鑑賞頂けます!

釧路湿原&タンチョウ満喫号で巡るツアーはこちら

Tour
03

世界三大夕日満喫号

  • 世界三大夕日満喫号

詳細・内容

運行期間
2017年12月1日(金)~2018年3月31日(土)※除外日:12月27日(水)~1月7日(日)を除く毎日
※期間B※2017年12月3日(日)・2018年1月8日(月)~14日(日)・21日(日)・28日(日)・2月4日(日)・11日(日)・18日(日)・25日(日)・3月4日(日)・11日(日)・18日(日)・25日(日)
所要時間
約4時間
最少催行人員
1名
ガイド
なし
運行
中型(または小型)タクシーでの運行
注意点
昼食代は含まれておりません。

運行行程

10:10発 釧路空港
11:10発 鶴見台(30分)
11:30発 釧路湿原北斗展望地(10分)
12:20発 釧路プリンスホテル
13:20発 和商市場(55分)
※釧路名物「勝手丼」をお楽しみ下さい。ご昼食代金は含まれておりませんので、各自でお楽しみ下さいませ。
14:30発 釧路市博物館 (45分)
14:45頃着 釧路フィッシャーマンズワーフMOO
釧路プリンスホテル
  

運行行程(期間B)

10:10発 釧路空港
11:10発 鶴見台(30分)
11:30発 釧路湿原北斗展望地(10分)
12:20発 釧路プリンスホテル(10分)
13:00発 米町公園(30分)
14:00発 釧路市博物館(45分)
14:15頃着 釧路フィッシャーマンズワーフMOO(幣舞橋横)
または釧路プリンスホテル
POINT
01

鶴見台では国の天然記念物「タンチョウ」を鑑賞!

POINT
02

釧路湿原北斗展望地では雄大な釧路湿原国立公園を一望できます!

POINT
03

途中、ホテルにてチェックイン手続きをするので大きな荷物も
ホテルで預けられます!

POINT
04

北海道三大市場のひとつ「和商市場」でご昼食・お買物をお楽しみ頂けます!

観光タクシー「世界三大夕日満喫号」で巡るツアーはこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP