×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

北海道旅行検討中なら!北海道旅行の時期と見どころまるっと解剖

北海道旅行検討中なら!北海道旅行の時期と見どころまるっと解剖

北海道と言えば。
ラベンダー・キタキツネ・雪・旭山動物園・牧場・うにいくら・流氷などなど、人によってのイメージは様々。自ずと北海道に行くべきおすすめ時期も変わってくるんです。

お花のシーズンは7・8月。ねらい目は

北海道と言えば「ラベンダー畑」など一面に広がる花畑が一番見たいという方は、7・8月です。なかでもラベンダーが満開を迎えるのは7月後半~8月前半と、奇しくも1年の中で最も旅行代金が高い時期とほぼ一緒。比較的お財布にも優しく、お花もまずまずの状態なのは7月前半~中盤、海の日の連休前までであれば、幾分か旅行費用もおさえられるはず。

北海道の開花カレンダー

7月はちょうどメロンの旬のはじまりにもなりますので、お花畑の観光と合わせてお楽しみください!またラベンダーには早いですが、ゴールデンウィーク明けから6月は、梅雨の無い北海道は過ごし易いです。チューリップ等の時期になりますので、プチ避暑もいいですよ。

【ラベンダーの名所】
四季彩の丘(道央:美瑛町)
ふらのワインハウスラベンダー園(道央:富良野町)
滝野すずらん丘陵公園(道南:札幌市)

雪山シーズンは12月初旬~GW。最盛期は2月

スノーボーダー

北海道の雪は段違いにふわっふわ。本州とは段違いの寒さのなせる業です。北海道スキーの代名詞とも言えるニセコは、3つのゲレンデトータルのコースバリエーションはもちろん、海外のお客様も多く訪れ日本とはひと味違った雰囲気のバーやカフェも多数。ガンガン滑ってガンガン遊びたいアクティブ派におすすめです。
ルスツやトマムなど、温泉やプールがあるような大型スノーリゾートも充実。ゲレンデ一体型リゾートの利便性はファミリー層の支持高!またキロロやサホロはルスツ・トマムに比べると規模こそ小さくはなりますが、落ち着きがあり、雪山バケーションをのんびり楽しめます。
その他にも夕張は空港から近くソロスキーヤーに人気があったり、札幌市内からの直通バスでも札幌国際やテイネなど雪山は楽しめます。ゲレンデのオープン期間が長く、様々な滞在スタイルに合うゲレンデが沢山ありますので、一回北海道の雪山を楽しんでいただきたいです。

寒さが最も厳しくなる2月は、雪まつりや氷濤まつり、氷瀑まつりなど、雪と氷のお祭り三昧。特に雪まつり期間中(大体2月の2週目)は旅行代金が大なり小なり上がりますので、お祭りにはあまり興味が無いという方は別日程の方がいいかもしれません。

9・10月しっぽり秋は大人向け

定山渓の紅葉

9・10月は食のイベントが各地で開催。お肉やワイン、ビールなど好みにあったイベントを探してみてください。ただし9月後半になると肌寒く冷えたビールがきつい事も。1枚羽織るものがあるといいですね。10月は北海道の紅葉シーズンです(日本一早い紅葉の大雪山は9月には色づき始めます)。赤や黄色に色づくさまはまさに錦秋の秋。北海道は火山が多くあることから、温泉もたくさんあります。湯の川、洞爺湖、登別、支笏湖、定山渓、白金、層雲峡、川湯などなど、北海道全域に満遍なく温泉が分布していますので、〇〇+温泉という形で楽しんでもいいですね。

じつは閑散期4月

冬の終わり4月、なんだか春めいてきそうなイメージがありますが、北海道に関しては少し間延びした期間でもあります。寒い(4月に雪が降ることもある)けど、路肩の雪はちょっと溶け始めて、、、白銀の世界でもなく、一面の緑といった北海道らしさにすこーし欠ける感じです。だがしかし、そんな時期は街遊びを楽しみましょう!アワビ、ウニ、ボタンエビ、毛ガニ、ホタテのシーズンなので海鮮系のグルメもいけます。

北海道旅行の時期まとめ

最後に一番重要なこと、積雪についてです。北海道の山間部は10月には雪が降り、11月には平地でも雪が積もります。もしレンタカーで北海道を大きく周遊(特に道南と道央・道東を行き来するようなルート)するような場合は、山を越える事になりますので、運転に自信が無い場合は時期を変えるかルートを変えるかしましょう。

北海道ツアー多数ご用意しておりますのでぜひご覧ください。

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP