一度は滑走してみたい!条件バツグンのニセコのスキー場

雪質バツグンの北海道でスキーを楽しむなら、札幌から車で2時間ほどの「ニセコ」のスキー場を訪ねましょう。ニセコのスキー場の特長は、パウダースノーで滑りやすいことです。晴れた日に、遠くに眺めることができる羊蹄山もまた格別です。

ニセコでは4つのスキー場が連携しており、各スキー場間はシャトルバスで移動できます。国内屈指の雪質を誇るニセコのスキー場で、思い思いに滑走してみましょう。

一度は滑走してみたい!条件バツグンのニセコのスキー場

画像引用元:写真AC

ニセコと言えば、パウダースノー!

ニセコのスキー場で特筆すべきは、パウダースノーであることです。

日本海からの雪雲は、ニセコにたくさんの雪をもたらしますが、ニセコは気温が低く、雪に含まれる水分が少ないことから、パウダー状の雪が降り積もります。しかも、冬期間はほとんど毎日雪が降るので、いつでもサラサラのパウダースノーが楽しめます。雪が軽いことから、ニセコはスキーに最適なのです。

道内屈指! 4つのスキー場が勢ぞろい!

ニセコには、ニセコアンヌプリスキー場、ニセコビレッジスキーリゾート、ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ、ニセコHANAZONOリゾートの4つのスキー場があります。

ニセコの4つのスキー場は「ニセコユナイテッド」と呼ばれており、いずれも道内屈指のスキー場です。4つのスキー場はシャトルバスで移動することができ、乗車日当日有効のニセコ全山共通リフト券を持っていれば、シャトルバスを無料で利用できます。

1度訪ねて、4つのスキー場をフルに満喫できることがニセコの魅力です。

ニセコアンヌプリスキー場

ニセコアンヌプリの南側斜面に位置するスキー場で、標高差約750m、最長滑走距離は約4000mです。スキー場内最長のアンヌプリゴンドラを利用すると、標高の高いところからスタートできます。コースが豊富で、初心者から上級者まで楽しめます。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485

アクセス:JRニセコ駅よりバス、または車で約10分、札幌より車で約2時間

ニセコビレッジスキーリゾート

ニセコアンヌプリスキー場の北東側に位置するスキー場で、標高差は約890m、最長滑走距離は約5000mとなっています。滑走距離が長いことから、存分に滑走を楽しめるスキー場となっています。

ニセコビレッジスキーリゾートでは、スキーやスノーボードはもちろん、クロスカントリースキーやスノーボービルも楽しめます。

住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

アクセス:JRニセコ駅より車で約15分、札幌より車で約2時間

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

ニセコビレッジスキーリゾートの北東側に位置するスキー場で、標高差は約960mです。ニセコの4つのスキー場では最大規模となっています。

規模の大きいスキー場であることからコースが多彩で初心者も楽しめるほか、フリーライドパークやスプリングパークもあり、上級者も存分に楽しめます。

住所:北海道虻田郡倶知安(くっちゃん)町字山田204

アクセス:JR倶知安駅より車で約15分、バスで約20分、札幌より車で約2時間40分

ニセコHANAZONOリゾート

ニセコマウンテンリゾート・グランヒラフに隣接するスキー場です。標高差は約1000m、滑走距離は約3300mで、最も標高の高いところは1300mを超えます。

HANAZONOパークは北海道内でも最大級のテレインパークとなっており、スノーボードで自由自在に滑ってみたい方に最適です。

住所:北海道虻田郡倶知安町字岩尾別328-1

アクセス:JR倶知安駅より車で約10分、札幌より車で約2時間20分

パウダースノーで最高の条件がそろっているニセコのスキー場には、日本人から外国人まで、多くの愛好者が訪れます。スキーやスノーボードをこよなく愛する方は、絶好の条件を求めて、ニセコのスキー場で存分に滑走してみてはいかがでしょうか。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP