「第49回 ばんえい記念」 3月20日開催

ばんえい競馬の最高峰レース

ばんえい最強馬を決定するレース、「第49回 ばんえい記念(BG1)」が、北海道帯広市の帯広競馬場で、3月20日に開催される。

開催年度の締めくくりを飾る重賞競走で、全国からばんえいファンが多数駆けつける。

ばんえい記念

最高1トンの重量物をのせたソリを引き大型馬がパワフルに競う

ばんえい競馬は、鉄ソリを馬に引かせ、全長200m、途中に2か所障害(坂)のある直線コースで競うレースで、北海道開拓に活躍した農耕馬で農民たちがお祭り競馬として楽しんでいたものが、現在の形に発展したもの。

馬体重はサラブレットの約2倍。最高1トンの重量物をのせたソリを引いて馬が走り、平地競馬とは違い、スピードだけではなく、馬の重いものを引っぱる力と持久力そして騎手のテクニックが必要。

コースには高さ約1mの第1障害と高さ約1.6mの第2障害があり、第1障害は一気に通過するが、第2障害前では一旦停止し、騎手は馬の呼吸と他馬の動きを見ながら、仕掛けのタイミングを計るなど、大型馬がパワフルに競う。

「ばんえい記念(BG1)」 は、1968年に「農林水産大臣賞典」として創設され、1998年に改称されて以降も「大臣賞」の名がしばしば使われ、1988年以降は帯広競馬場でのみ開催。ばんえい競馬で最も格式高い「BG1」の中でも最高峰に位置するレースとなっている。

(画像は第49回ばんえい記念特設サイトより)

外部リンク

「第49回ばんえい記念(BG1)」 特設サイト

http://www.banei-keiba.or.jp/bgsite/baneikinen2017/index.html

ばんえい十勝(帯広競馬場) 公式サイト

http://www.banei-keiba.or.jp/index.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP