×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

約1600年前のなぞ 洞窟に刻まれた「翼が生えた人」

国指定史跡「フゴッペ洞窟」

「フゴッペ洞窟」は北海道余市郡余市町にて、昭和25年(1950年)に発見された約1600年~1300年前(続縄文時代後半)の遺跡。

奥行約5m、高さ約5m、間口約4mの洞窟内壁には人物や動物、船などを象徴したような原始的な模様が彫り刻まれており、続縄文時代後半に彫られたと推測されている。

日本国内で発見されている洞窟壁画やペトログリフは数少なく、大変貴重な資料である。

翼が生えた人

なぞの刻画「翼が生えた人」

洞窟内壁の刻画には、動物や船などの模様だけではなく「翼が生えた人」や「角が生えた人」が刻まれている。角や翼で仮想した人物でシャーマンを表したものと推測されており、何かしらの宗教的儀礼の場であったと考えられている。

現在の洞窟は建物内部にあり、洞窟内や堆積土層からは発見された土器、骨角器などが展示されている。「フゴッペ洞窟」の刻画と併せて見学が可能だ。

営業時間・交通アクセス公開時間:9:00~16:30
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日冬季休館日(12月中旬~4月上旬)
所在地:余市郡余市町栄町87
交通アクセス:余市町栄町 中央バス「フゴッペ洞窟前」下車
1分入場料:有料
(余市町HP 観光ガイドブックより)

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

余市町HP 観光ガイドブック

http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/

文化庁 国指定文化財等データベース

http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp

文化庁 文化遺産オンライン

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/200866

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP