この駅、一体どう読むの?北海道の難読駅名まとめ

広大な北海道は、鉄道でのんびりと旅をするのも楽しいですが、時刻表などを見ると、「一体どう読むの?」という駅名がたくさん並んでいます。読めそうで読めない駅名や、見たこともない漢字が使われていることもあり、思わず首をかしげてしまうのではないでしょうか。

一見するとなんと読むのか分からない、北海道の難読駅名を集めてみました。

北海道の難読駅名まとめ

画像引用元:写真AC

「こんな読み方をするの?」と感じてしまう駅名

見たことのある漢字が並ぶ駅名ではあるけれど、普通に読むと間違ってしまいそうな駅名を集めてみました。ふりがなを見てみると、「こんな読み方をするの?」と意外に感じるのではないでしょうか。

・木古内 きこない (北海道新幹線・道南いさりび鉄道)

・然別 しかりべつ (函館本線)

・発寒 はっさむ (函館本線)

・和寒 わっさむ (宗谷本線)

・美馬牛 びばう  (富良野線)

・女満別 めまんべつ (石北本線)

・丸瀬布 まるせっぷ (石北本線)

・大楽毛 おたのしけ (根室本線)

木古内駅には北海道新幹線が停車すること、また、女満別といえば「女満別空港」を連想することから、読めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

発寒駅は札幌市にあり、発寒駅の隣には発寒中央(はっさむちゅうおう)駅があります。また、大楽毛駅は釧路市にありますが、大楽毛駅の隣には、新大楽毛(しんおたのしけ)駅があります。

読めたら北海道通!難読駅名

普通に読んでみると、おかしな読み方になってしまうことから、なんと読めば良いのか分からない駅名ばかりです。これらの駅名が読めたら、あなたも北海道通です。

・長万部 おしゃまんべ (函館本線)

・国縫 くんぬい (函館本線)

・熱郛 ねっぷ (函館本線)

・妹背牛 もせうし (函館本線)

・秩父別 ちっぷべつ (留萌本線)

・南弟子屈 みなみてしかが (釧網本線)

・厚床 あっとこ (根室本線)

・別当賀 べっとが (根室本線)

秩父別駅は、思わず「ちちぶべつ」駅と読んでしまいそうですよね。「ちっぷべつ」と読めたあなたはさすがです。

長万部駅は、かにめしで有名であるほか、将来は北海道新幹線が停車する予定です。南弟子屈駅の隣の駅は、かつては弟子屈(てしかが)駅でしたが、摩周湖の玄関口の駅であることから、現在は摩周(ましゅう)駅となっています。

地元民じゃないと読めないかも!「超」難読駅名

漢字からは読み方が全く連想できない駅名を集めてみました。正しく読めるかどうか、チャレンジしてみましょう。

・音威子府 おといねっぷ (宗谷本線)

・雄信内 おのっぷない (宗谷本線)

・留辺蘂 るべしべ (石北本線)

・安足間 あんたろま (石北本線)

・北一已 きたいちやん (留萌本線)

・倶知安 くっちゃん (函館本線)

・占冠 しむかっぷ (石勝線)

・晩生内 おそきない (札沼線)

漢字とひらがなが一致しない駅名がほとんどであるほか、留辺蘂駅の「蘂(しべ)」の漢字は、初めて見た方も多いのでしょうか。また、音威子府駅の「ね」には「子」の字を当てていますが、どうやら十二支の「子(ね)」を当てたようです。

そのほか、北海道の駅名には「ぷ」が付く駅名が多いですが、漢字の読み方から「ぷ」を連想するのは、難しいのではないでしょうか。

さて、あなたはどれだけ読めたでしょうか。このほかにも、北海道には、読み方が分かりにくい駅名がまだまだあります。北海道を列車で旅しながら、北海道の駅名に親しんでみませんか。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP