北海道旅行歴史一覧

北海道の歴史と変遷はどうなっているの?

北海道の歴史と変遷はどうなっているの?

日本の中でも雄大な土地と自然を有し、観光地としても有名な北海道。しかし元々は先住民であるアイヌ民族が暮らす土地で、明治に入ってから、開拓が始まり、多くの屯田兵が入ってきました。その結果、北海道は日本でも多くの人口が集まる都市となりましたが、アイヌ文化が衰退しその人口も激減しました。今回は北海道の歴史の流れについて、詳しくご紹介します。

詳しくはこちら

企画展 イベントでも利用の小樽旧手宮線を振り返る

企画展 イベントでも利用の小樽旧手宮線を振り返る

2017年4月29日~7月17日、小樽市総合博物館の本館にて、企画展「旧手宮線が伝えるもの-小樽の鉄道史-」が開催される。この企画展では、旧国鉄手宮線が北海道の歴史上果たした役割や、小樽に今も残る鉄道遺産の数々が紹介される。

詳しくはこちら

見る者の心を魅了する伝統工芸品 北海道にある伝統工芸品は?

見る者の心を魅了する伝統工芸品 北海道にある伝統工芸品は?

魅力的な観光スポットがたくさんある北海道ですが、観光スポットを訪れるほかにも、北海道ならではの伝統工芸に目を向けてみてはいかがでしょうか。古き時代から脈々と受け継がれてきた伝統工芸や、近代に生み出された技術が今の時代に受け継がれ、工芸品として息づいているものあります。手作りならではの温かみが感じられる伝統工芸品に親しんでみませんか。

詳しくはこちら

企画展「明治・大正時代の広島村をたずねて」開催中

企画展「明治・大正時代の広島村をたずねて」開催中

北海道北広島市のエコミュージアムセンターにて、広島村の歴史をたどる企画展「明治・大正時代の広島村をたずねて」が2017年5月7日まで開催中。企画展「明治・大正時代の広島村をたずねて」は、市制施行20周年記念事業として開催され、古文書・古写真・美術品の数々から広島村の歴史をたどる。

詳しくはこちら

大活躍した、懐かしい「相生線」を紹介する展覧会

大活躍した、懐かしい「相生線」を紹介する展覧会

2017年3月25日~7月2日までの期間、美幌博物館は、美幌町郷土史研究会と協力、2階特別展示室で企画展「相生線でGO!」を開催する。「相生線でGO!」では、美幌駅(美幌町)から北見相生駅(津別町)までの区間を以前、走っていた相生線の展覧会を実施するほか、制服や信号機、飛び出す写真などを展示。

詳しくはこちら

明治より続く華やかなまつり「北海道神宮例祭(札幌まつり)」

明治より続く華やかなまつり「北海道神宮例祭(札幌まつり)」

2017年6月14日~16日まで、札幌市で「北海道神宮例祭(札幌まつり)」が開催される。明治2年、蝦夷地から名称が変わった北海道。その年の9月には、天皇により、北海道の開拓と発展の守護神として三柱の神々が鎮祭された。御霊代は東京より移され、仮社殿でのお祀りなどを経て、明治4年に現在の地である札幌神社、のちの北海道神宮に鎮座された。「北海道神宮例祭」は、北海道神宮が明治4年に国幣小社となったことに始まるまつりで、明治7年より、毎年6月15日に例祭が行われている。

詳しくはこちら

北海道博物館「第7回企画テーマ展 あったかい住まい 北海道・住まいの道のり」開催中

北海道博物館「第7回企画テーマ展 あったかい住まい 北海道・住まいの道のり」開催中

北海道博物館では、平成29年3月31日まで「第7回企画テーマ展 あったかい住まい 北海道・住まいの道のり」を開催中。北海道の住まいは最初、雪が降ることはあっても比較的あたたかい本州以南の立て方が持ち込まれたが、現在では冬の室内が全国で一番あたたかいとも言われている。

詳しくはこちら

依田勉三、晩年の事業「途別水田の開発」 帯広百年記念館

依田勉三、晩年の事業「途別水田の開発」 帯広百年記念館

帯広百年記念館では、博物館講座の「史料からみる依田勉三・晩成社3」が2017年4月22日に開催される。講師を務めるのは、帯広百年記念館学芸員の大和田努氏である。帯広の本格的な開拓は、1883年5月に依田勉三の率いる「晩成社」一行27人が、下帯広村(帯広の前身となる村)に入植したことから始まる。

詳しくはこちら

風情たっぷり 厳選「函館の坂」10選

風情たっぷり 厳選「函館の坂」10選

函館は坂道の多い町で有名ですが、元町にはなんと19もの坂があります。真っ直ぐで綺麗な大通りの坂から小道に入った風情ある坂までマニアにはたまらない坂の街です。北海道に行ったら是非訪れてほしい人気の坂をいくつか紹介いたします。

詳しくはこちら

アイヌ古式舞踊「イオマンテの火まつり」春バージョン上演開始

アイヌ古式舞踊「イオマンテの火まつり」春バージョン上演開始

阿寒湖のほとり、阿寒湖畔温泉街にある「阿寒湖アイヌコタン」では、アイヌ古式舞踊を見たり、アイヌの生活や文化を学ぶことが出来る。アイヌは人間、コタンは村を意味するアイヌ語である。アイヌコタン内の阿寒湖アイヌシアター イコロでは、2017年4月21日~6月30日まで、アイヌ古式舞踊「イオマンテの火まつり」の春バージョンが上演される。

詳しくはこちら

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP