×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

北海道でぜひ食べたい!おすすめグルメまとめ

海の幸が豊富な北海道

北海道と言えば、時計台に大通り公園、さっぽろ雪まつりやクラーク博士像などといった観光スポットの他、ラーメンやカニ、うになどの海の幸が豊富です。

北海道に行くならおいしい地元グルメを食べたい、という人も多いでしょう。そこで今回は、北海道ならではのおいしいグルメをご紹介します。

函館朝市

咲ガニ

北海道と言えばカニですが、根室へ行くならぜひ味わいたいのが花咲ガニです。花咲ガニを食べるなら根室へ足を運べば、専門店でおいしい花咲ガニを食べることができます。

茹でたての花咲ガニをその場で食べられるのが地元のよさです。花咲ガニ専門店では、頼めば食べやすいようにカットしてもらえるため、茹でたてを食べやすい状態で堪能することができます。

また、お寿司や鉄砲汁など、ご当地の味を食することができるのも産地へ足を運ぶ大きなメリットです。

海のミルク、牡蠣

北海道で堪能したい海の幸と言えば、牡蠣も外せません。サロマ湖で1~2年ほど育った牡蠣は旨みが凝縮していてとてもおいしいことで知られています。

養殖ではありますが、1年ものは小ぶりな分旨みが凝縮されていて、2年ものは大ぶりです。

サロマ湖産の牡蠣はさっぱりとしていてクセがないのが特徴ですから、あまりクセの強いものが得意でない人にもおすすめです。

また、北海道産牡蠣には湧別産のものもあり、こちらは磯野香が特徴の牡蠣です。旨み成分がたっぷり入っているので、磯の香りと共に牡蠣の甘みも感じることができます。

牡蠣は生はもちろん、酢ガキや焼きガキなどにしてもおいしいので、地元ならではの味をシンプルに味わってみるのもよいでしょう。

まろやかな味がクセになるうに

北海道のうにと言えば、知床羅臼が有名です。うににはトゲの長さが特徴のムラサキウニと、バフンウニというものがありますが、知床羅臼ではバフンウ二を味わうことができます

比較的淡泊な味わいのムラサキウニと比べ、バフンウニは濃厚でウニらしい味を一層感じられるのが特徴です。貴重なため値段も高いですが、せっかく北海道まで足を伸ばすなら、ぜひ味わっておきたいウニです。

また、バフンウニにも「赤」と「黄」と呼び分けがあり、「赤」はメスで濃厚な味わいと後味が特徴、「黄」はオスでとろけるような食感が特徴です。

まムラサキウニに比べて濃厚な味わいのバフンウニですが、オスとメスによってさらに異なる味わいがありますから、それぞれ味わってみるのも楽しいでしょう。

アツアツで味わうタコしゃぶ

北海道の味覚と言えば、稚内のタコしゃぶも忘れてはいけません。稚内では刺身や酢だこといった定番の食べ方ではなく、しゃぶしゃぶでタコを味わうことができます。

普段なかなか口にする機会のないタコしゃぶですが、稚内へ行くならぜひ食してみましょう。

車屋ではミズダコをしゃぶしゃぶで味わうことができ、レタスや長芋という一風変わった食材が入っているのが特徴です。

活タコは軽くしゃぶしゃぶした後に食べるとぷりぷりとした食感を楽しむことができますし、レタスや長芋もタコしゃぶとの相性がよいです。

もしも稚内に行く機会があれば、ぜひ地元の味を堪能してみてください。

海の幸が豊富な北海道

このように、北海道には様々な海の幸があり、産地へ足を運べば手軽に、安く、本場の味を食することができます。

北海道へ行ったら、おいしいものを巡って旅行するのも楽しみのひとつ。海鮮には寿司や海鮮丼、刺身など様々な味わい方があります。

観光地を巡るのもよいですが、カ二やうに、牡蠣にタコしゃぶなど、ご当地の味を堪能する、贅沢な旅もしてみてはいかがでしょうか?

(画像はpixabayより)

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP