震災復興チャリティーイベント 追悼竹あかりコンサート

震災犠牲者の想いを竹あかりの優しい灯りで包み込む

3月11日(土)、北海道立文学館で「追悼竹あかりコンサート」が開催される。このコンサートは「ふるさとを歌う会in札幌 森の時間」と「JAPAN×竹あかり」が主催するもので、東日本大震災の犠牲者を追悼し、復興を支援するためのチャリティーイベントだ。

コンサートでは、ギターや、篠笛、オカリナ、ミュージックベルなどの演奏や朗読が行われる。入場は無料だが、竹あかりにLEDライトを入れる作業の協力を依頼している。

追悼竹あかりコンサート

開催概要

開催日時は、3月11日(土)、開場18:00、開演18:30。会場は、北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1番4号)。入場は無料。問い合わせ先は、「ふるさとを歌う会in札幌 森の時間」(代表)横山さん、電話番号090-6877-7020。

「ふるさとを歌う会in札幌 森の時間」とは

「ふるさとを歌う会in札幌 森の時間」は、2011年3月11日の震災4日目から、「寄り添いながら共に歩んでいく支援活動」を開始した。現在は、幼児から高齢者まで男女合わせて400名以上のメンバーが名を連ね、活動に関わっている。

「JAPAN×竹あかり」とは

「JAPAN×竹あかり」は、竹とロウソクを使用したインスタレーションだ。間伐された竹に模様を彫り込み、中にロウソクを入れる。すると彫り込んだ模様から灯りが揺らめき、模様が浮かびあがる。

また、間伐竹を使用することで竹林整備を進行させ、使用した竹を炭や堆肥などにして最後まで使い切るという循環型の社会も提案している。

(画像はふるさとを歌う会in札幌 森の時間ホームページより)

外部リンク

震災復興チャリティーイベント

https://www.mori-jikan.com/event/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP