桜鱒を味わい尽くす『2017どっこい積丹・さくらます祭り』開催

4月22日から積丹町で

'ソーラン節のふるさと'として有名な積丹町にて、春の食材「桜鱒(さくらます)」を活用したロングランイベント『2017どっこい積丹・さくらます祭り』が、4月22日~5月28日の期間開催される。

どっこい積丹・さくらます祭り

イベント期間中は豪華商品が当たるスタプラリーなどが開催され、27日には町内のサクラマスサンクチュアリーセンターで、桜鱒を学ぶイベントも開かれる。

宿泊料・飲食代は施設により異なるが、27日のイベントは無料となっている。

27日のイベント内容など

鱒は通常春から初夏にかけて入荷されるサケ科サケ属の魚だが、桜鱒は「桜の季節に出る」ことに由来してそう呼ばれるようになったという説が有力だ。

ちなみに北海道以外の地域では様々な呼び名で呼ばれ、関東では本鱒、岩手県では真鱒が通称なようだ。

桜鱒のシーズンは北海道では4月頃に始まり、7月くらいまでだが、「その地域の人たちが桜鱒がとれるようになったのだ、と思う時期」が桜の開花前線と重なるという風情付きの桜鱒を、一度はゆっくり味わってみたいものだ。

5/27(土)のイベント内容 ○「げんきの森」宝さがし(宿泊券や特産品) ○地元漁師の積丹市場(殻つきウニ 鮮魚等の販売) ○さくらます料理無料試食(限定数有り)  ・さくらますの押し寿司  ・さくらますのザンギ  ・さくらますの三平汁 ※メニューは変わる可能性があります(プレスリリースより引用)

(画像は積丹町HPより)

外部リンク

春のイベント『どっこい積丹・さくらます祭り』の開催について

http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP