サケの一生を紹介!特別展「北海道のサケたち」

北海道のサケたち

2017年3月18日(土)から11月26日(日)にかけて、おたる水族館(北海道小樽市祝津3丁目303)は、本館1階にある海のパノラマ回遊水槽前にて、特別展「北海道のサケたち」を開催する。

北海道のサケたち

北海道のサケたち」では、サケが関わる生き物や自然の紹介するほか、他のサケ科の魚も紹介する。

春期~旅立ちの春~

3月18日(土)から5月28日(日)までは、「春期~旅立ちの春~」のテーマのもと、卵から還ったサケ稚魚に着目。サケ稚魚を狙う生物など、サケ稚魚に関わる生物について紹介する。

また、幻の魚イトウと外来種ニジマスについては、縄文時代から孵化増殖事業までにおける、人間との関わりも解説。

夏期~それぞれの夏~

6月17日(土)から8月27日(日)までの期間中、「夏期~それぞれの夏~」のテーマのもと、イワナに焦点を当てる。

真夏でも源流域の冷たい水において、精力的に活動するイワナは、渇水期になると、蛇のような動きで上流を目指す。おたる水族館で設置された「イワナの沢登り水槽」では、上流を目指す、イワナの蛇のような動きを見ることができる。

このほか、水槽背景にプロジェクター照射することで、湖の中の雰囲気を再現しながら、オショロコマ亜種・ミヤベイワナも紹介。

秋期~命をつなぐ秋~

9月16日(土)から11月26日(日)までの「秋期~命をつなぐ秋~」では、「ホッチャレ」の展示を実施。「ホッチャレ」を食べる生物、ホッチャレで消える命、受精卵で誕生する命などのテーマを通じて、命の尊さや儚さ、力強さを感じることができる内容となっている。

また、北海道の先住民族である、アイヌの人々とサケの繋がりも紹介。

(画像はおたる水族館のホームページより)

外部リンク

おたる水族館

http://otaru-aq.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP