北海道後志産の梅を100%使用した梅酒も!「梅酒祭り2017」

余市町産・仁木町産の果実を100%使用した梅酒

昨今の日本酒ブームとともに、女性にも飲みやすいと人気が高いお酒のひとつが果実酒。なかでも代表的な梅酒は、家庭でも作られる身近なお酒だが、造り酒屋の本格的な梅酒は、一味違う味わいがある。

梅酒祭り

地元・後志産の梅を100%使用した梅酒「小樽美人シリーズ」を製造販売している北海道小樽市の造り酒屋、田中酒造株式会社では2017年4月21日より、おたる梅酒祭り2017が開催される。

日時は、2017年4月21日(金)から5月7日(日)の約二週間。9時~18時。田中酒造本店のほか、小樽の歴史的建造物にも指定されている石倉倉庫群「亀甲蔵(きっこうぐら)」の2か所で行われる。

鯉のぼりや兜飾りなどの五月人形も展示

会場には、一般社団法人梅酒研究会主催の「全国梅酒品評会」に入選した梅酒が勢揃いするほか、この梅酒祭りだけの'秘密の梅酒'が新登場。

期間中の4月21日(金)、22日(土)、29日(土)、5月3日(水)には、おすすめの梅酒の飲み比べをすることができる、梅酒大試飲会を亀甲蔵で実施する(10時~17時)。詳しくはウェブサイトで。

(画像は田中酒造ウェブサイトより)

外部リンク

おたる梅酒祭り 小樽の造り酒屋 田中酒造株式会社

http://tanakashuzo.com/hpgen/HPB/entries/140.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP