三岸好太郎美術館所蔵品展「その名はミギシ 奔放なる天才」 

天才的な三岸好太郎の魅力を代表作とともに紹介

1月28日(土)~3月23日(木)、札幌市の三岸好太郎美術館にて、所蔵品展第4期「その名はミギシ 奔放なる天才」が開催される。

三岸好太郎(1903~1934)は、札幌市生まれ。札幌一中(現・札幌南高)を卒業後上京し、苦労をしつつ独学で絵の勉強を続け、大正から昭和にかけての近代日本洋画青春期を駆け抜けた。

三岸は惜しくも31歳という若さでこの世を去ったが、豊かな感性で新しい絵画を奔放に追い続けた天才的な画家だった。繊細で詩情にあふれた彼の作品は今もなお新鮮な感動を与える。同所蔵品展では、めまぐるしく変わる作風から垣間見える天才的画家の魅力と、彼の代表作を紹介する。

三岸好太郎美術館所蔵品展

その名はミギシ 奔放なる天才 開催概要

開催日時は1月28日(土)~3月23日(木)、9:30~17:00(最終入場時間16:30)。休館日は、月曜日(月曜日が祝日・振り替え休日の場合は開館し、翌平日が休館となる)。

会場は北海道立三岸好太郎美術館(北海道札幌市中央区北2条西15丁目)、電話番号011-644-8901。観覧料は、一般510円、高校・大学生250円。65歳以上・中学生以下無料。

(画像は北海道立三岸好太郎美術館のホームページより)

外部リンク

三岸好太郎美術館 展覧会

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP