国際性豊かな展覧会「くっちゃんART 2017」開催中

2017年4月16日(日)まで開催

小川原脩記念美術館にて、今年で9回目を迎えた「くっちゃんART」が2017年4月16日(日)まで開催中だ。

くっちゃんART 2017

この地域ならではの国際性を反映した展覧会

小川原脩記念美術館は、倶知安町(旧倶知安村)に生まれ、東京美術学校卒業後に前衛画家としての道を歩み、太平洋戦争を機に道を断念し、戦後に再び倶知安に戻り、以後60数年間、創作活動に専念した小川原 脩(おがわら しゅう)氏の記念美術館だ。

その小川原脩記念美術館にて「くっちゃんART 2017」が2017年2月11日(土)から2017年4月16日まで開催している。

「くっちゃんART」の特徴としては、倶知安町やニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に取り組む作家に加えて、これらの作家と交流がある海外在住の作家によるさまざまな作品を展示される、この地域ならではの国際性が反映された展覧会となっているとのことだ。

作品は水彩、油彩、墨、写真などさまざまあり、参考図版として過去の「くっちゃんART」出品作品をイベント情報ページのチラシにて確認することができる。

会場は小川原脩記念美術館で、観覧料は一般500円、高校生300円、小中学生は100円で、開館時間は9時から17時まで、入館は16時30分までで、休館日は毎週火曜日、火曜が休日の場合は翌日が休館となる。

(画像は倶知安町ホームページより)

外部リンク

「くっちゃんART 2017」イベント情報ページ

http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP