第31回 定山渓温泉渓流鯉のぼり開催

定山渓の春の風物詩

札幌の奥座敷、定山渓温泉で「定山渓温泉渓流鯉のぼり」が開催される。1987(昭和62)年に始まったこのイベントも今年で第31回を数え、北海道の春の風物詩としてすっかり定着した。

今年の開催は、2017(平成29)年4月15日(土)から5月7日(日)まで。訪れる多くの見物客の目を楽しませてくれる。

定山渓温泉渓流鯉のぼり開催

温泉街上空を泳ぐ400匹の鯉のぼり

温泉街、定山渓神社、足湯施設などをゆったりと泳ぐ鯉のぼりは400匹にのぼり、北国の遅い春の気分を盛り上げるのに一役買っている。

鯉のぼりは、道内各地から提供されたもので、今年も「定山渓温泉渓流鯉のぼり」開催に先だって、提供を受け付ける。

不要鯉のぼり募集

定山渓観光協会では、不要になった鯉のぼりを募集している。家庭、職場で使わなくなった鯉のぼり、特に長さ6m以上の大型サイズを歓迎するという。

今年の募集期間は、2017(平成29)年3月1日(水)から3月15日(水)まで。定山渓観光協会事務局まで持参するか、郵送すること(送料は提供者負担)。

詳細は、定山渓観光協会公式ホームページを参照のこと。問い合わせは、定山渓観光協会(電話 011-598-2012)まで。

外部リンク

定山渓観光協会公式ホームページ

http://jozankei.jp/koinobori/1737

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP