札幌市内で気軽に雪遊び「羊ヶ丘展望台スノーパーク」

羊ヶ丘展望台スノーパーク2017

「少年よ大志を抱け」のクラーク博士像が有名な、札幌市内にある羊ヶ丘展望台。1月6日(金)~3月5日(日)まで、雪を楽しむイベント「羊ヶ丘展望台スノーパーク2017」が開催される。

10時~15時(受付は14時45分まで)の間、雪遊びが出来て、体験料は無料だ。

羊ヶ丘展望台スノーパーク

気軽に楽しめるアクティビティ

ジャンパーや、必要な道具の貸し出しもあるので、気軽に様々なアトラクションに挑戦出来る。

雪原をのんびり散策する「歩くスキー」は、1kmと200mの2コースが用意されている。「スノーストライダー」は2~5歳限定で、ペダルの無いランニングバイクに、スキーアタッチメントを装着して雪上を滑る。

「チューブそり滑り」「新雪ダイビング」では、雪を全身で感じて楽しめる。雪玉を転がしてピンを倒す「雪上ボーリング」も、雪国ならではの遊びだ。

雪だるまやかまくらも

目や鼻などを自分でアレンジし、オリジナルの雪だるまを作る「ミニ雪だるま作り」や、設置されているかまくらでの写真撮影なども体験可能だ。

ただし、積雪状況による会期の変更や、天候によるイベントの中断、休止の可能性もあるので、注意のこと。

問い合わせは、羊ヶ丘展望台事務所(TEL:011-851-3080)まで。

(画像は羊ヶ丘展望台オフィシャルサイトより)

外部リンク

羊ヶ丘展望台オフィシャルサイト

http://www.hitsujigaoka.jp/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP