「魚の日」広尾漁協で鮮魚・加工品の販売会開催

4月から8月までの毎月第4日曜日に開催

4月の第4日曜日となる4月23日(日)は、十勝管内広尾漁業協同組合が定める「魚の日」。この日は広尾漁協で加工品や鮮魚などの販売会が開催される。

「魚の日」

広尾漁協では、4月から8月までの毎月第4日曜日を「魚の日」とし、サケやサンマなどの鮮魚や、冷凍・干物・缶詰などの加工品の販売会を行っている。この販売会には毎回多くの来場者が訪れ、バスツアーのコースにもなっているという。

広尾町の漁場は、親潮と黒潮が混じり合うところにあるため、漁場としての好条件に恵まれている。ここで主に水揚げされるのは、北海道の代表的な海産物である秋サケやシシャモ、コンブなどだ。

開催概要

開催日時は4月~8月の毎月第4日曜日、10:00~11:00。会場は広尾町漁協食品部(広尾町会所前3丁目39番地)。問い合わせ先は、広尾町漁業協同組合食品部、電話番号01558-2-3202。

一部の商品はインターネットでも購入可能

広尾漁協ではインターネットでの販売もしている。主な商品は、干しホッケや干しシシャモ、干しナメタカレイ、干し宗八カレイ。営業時間は、(4月~9月)9:00~10:00、(11月~3月)10:00~11:00。定休日は毎月第4日曜日。

(画像は十勝観光連盟公式サイトより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP