五稜郭タワーにて「春の椿展」開催中!

3月下旬まで開催予定

五稜郭タワーでは、平成29年2月9日(木)から3月下旬(予定)までの期間に、さまざまな椿を見ることができる「春の椿展」を開催中だ。

五稜郭タワーにて「春の椿展」

約150品種、約180鉢を入れ替えて展示

五稜郭タワーは、展望台から特別史跡五稜郭や、津軽海峡、横津連峰の山並みを見ることができるタワーで、展望台には、五稜郭の歴史を学ぶことができる展示スペース「五稜郭歴史回廊」や、強化ガラスの床で下を見ることができる「シースルーフロア」などが用意されている。

今回「春の椿展」が開催されるのは1階アトリウムで、アトリウムは、植栽のある全天候型ガラス張りの広場で、太陽の心地よい光が降り注ぐ空間でゆっくりと休むことができる。

「春の椿展」では、平成20年に福岡県久留米市より贈呈された椿を育ててきたものが展示され、「香り椿」、「一重咲」、「侘助椿(わびすけつばき)」、「洋種椿」などの約150品種、約180鉢が、開花状況などを見ながら入れ替えて展示されるとのことだ。

開催期間は平成29年2月9日(木)から3月下旬(予定)の営業時間内で、営業時間は9時から18時までとなっており、開花の状況により椿の入れ替え・展示期間を変更する場合があるので注意だ。

(画像は五稜郭タワー公式ウェブサイトより)

外部リンク

五稜郭タワー公式ウェブサイト イベント情報ページ

http://www.goryokaku-tower.co.jp/html/event/tsubaki.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP