春の北海道を走る 「伊達ハーフマラソン大会」

第30回春一番伊達ハーフマラソン大会開催

北海道伊達市では、4月16日(日)に第30回春一番伊達ハーフマラソン大会が開催される。「だて歴史の杜」をスタートし、自転車道や伊達トンネルなど伊達市内を周回する。

種目はハーフのほか、3km、5km、10kmのコースもある。昨年の第29回大会では、合計4000人近くの人が参加し完走率は約84%となっている。

伊達ハーフマラソン大会

「伊達ハーフマラソン大会」 開催要項

参加受付は、「だて歴史の杜」カルチャーセンターにて9時00分より開始。スタート時刻は、ハーフは10時50分。3km、5km、10kmは11時00分である。

申込期間は、郵便振替利用申し込みの場合は、2月6日(月)~2月24日(金)(当日の消印有効) 。インターネット利用申し込みの場合は、2月6日(月)~3月10日(金)までとなっている。

参加料は、ハーフ各種目は4,000円(税込)、 5km・10km各種目は3,000円(税込)、 3km各種目は1,500円(税込)である。

入賞は、各種目とも6位まで。トロフィーまたは楯、賞状が授与される。また、完走者には記録証、参加者には全員、参加賞がもらえる。

「春の北海道」を走ろう!

伊達市は北海道内でも雪が少なく、四季を通じて気候が温暖で「北の湘南」と呼ばれているという。春さわやかな北海道を、ランナー達が走る。

(画像は春一番伊達ハーフマラソンホームページより)

外部リンク

春一番伊達ハーフマラソン

http://www.datehalf.jp/index.htm

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP