20万個のイルミネーションが輝く「あさひかわ街あかり」開催中!

2017年3月12日まで開催

旭川市にて、冬の旭川中心部を彩る20万個のイルミネーションが楽しめる「あさひかわ街あかり」が2017年3月12日まで開催中だ。

あさひかわ街あかり

5つエリアで光の演出を楽しめる

「あさひかわ街あかり」は、雪国ならではの個性ある光の演出が楽しむことができ、中心市街地にある「緑橋通」「平和通買物公園」「昭和通」「常盤ロータリー」「旭橋」の5つエリアでイルミネーションを楽しむことができる。

「緑橋通」では、旭川のシンボルツリー「ナナカマド」の実が輝いてるかのようなイルミネーションが用意され、「平和通買物公園」は、駅正面のメインストリートで、1条通りには円すい形のモニュメントイルミネーションが設置されるなどして、ストリートが彩られている。

「昭和通」には、造形的な灯りをした2本のツインピラーがあり、「常盤ロータリー」では、6本のストリートが放射線状に伸びる中心でロータリータワーが輝いているとのことだ。

ロータリータワーの先にある「旭橋」では、昭和浪漫と近未来的な灯りが演出されており、落ち着いた雰囲気を味わうことができる。

開催期間は2017年3月12日までで、点灯時間は17時から22時まで、買物公園・7条緑道のみ16時半より点灯している。

(画像はあさひかわ街あかりホームページより)

外部リンク

あさひかわ街あかり

http://www.atca.jp/machiakari/index.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP