×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

博物館網走監獄で企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」開催中

企画展の要項について

博物館網走監獄(はくぶつかんあばしりかんごく)(北海道網走市呼人(よびと)1-1)では、企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」を、2016年10月01日(土)~2017年03月30日(木)の期間で開催中だ。

開館時間は9:00~17:00、入館料金は大人1,080円、大学・高校生750円、小・中学生540円、その他団体料金等の設定がある。

北海道の重要文化財建造物巡り

展示会のあらまし

博物館網走監獄の歴史的建造物8棟は、今年の2月に国の重要文化財の指定を受けた。

企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」では、北海道内の重要文化財建造物26件の建造物写真を展示し、建築年や特徴を紹介し、北海道内にある歴史的建造物に対する魅力を多くの人に知っていただくのが目的となっている。

博物館網走監獄の紹介

博物館網走監獄は、明治以来、網走市と深く関わりを持っていた網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、東京ドーム約3.5個分に相当する敷地面積を有し、網走国定公園の景勝天都山(てんとざん)網走湖側に位置する。

今回ご紹介した企画展以外にも、看守長屋の年中行事や体験講座、農園体験ワークショップなどの開催日もある。講座への参加を希望される方は博物館網走監獄に事前に電話での申し込みが必要だ。詳細は、0152-45-2411学芸係までお問い合わせを。

(画像は「新・監獄日誌:企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」」より)

外部リンク

新・監獄日誌:企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」

http://blog.kangoku.jp/2016/07/blog-post_2.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP