芽生すずらん群生地の「すずらん」がいよいよ解禁!

第32回すずらん観賞会

2017年5月28日(土)から6月5日(日)までの期間、「第32回すずらん観賞会」を芽生すずらん群生地(沙流郡平取町字芽生)にて、開催する。

芽生すずらん群生地の「すずらん」がいよいよ解禁!

「第32回すずらん観賞会」では、小鳥のさえずりを聞きながら、すずらん鑑賞を楽しめるだけでなく、びらとり和牛バーベキューコーナーも設けられている。また、先着で「根付きすずらん」をプレゼント。

芽生すずらん群生地

芽生すずらん群生地は6時から18時まで営業、利用料金は無料。駐車場完備、携帯電話(NTTドコモ・ソフトバンク)による通話も可能。

平取町市街から車で40分の所にある、芽生すずらん群生地は道道845、または道道638号線沿いにある。芽生すずらん群生地に関する問い合わせ先は「平取町観光協会」(電話:01457-3-7703)となっている。

平取町幌尻岳のふもとにある、芽生すずらん群生地は日本一の広さを誇る、芽生(めむ)の野性すずらん群生地(約15ha)。多くの人が足を踏み入れたことで、一度は絶滅の危機にさらされた、すずらんですが、芽生すずらん群生地の保護管理により、この危機が回避され、10年の歳月を経て、自然の状態に回復。

芽生すずらん群生地では、毎年5月下旬から6月中旬にかけて、すずらんを一般公開、6月の「すずらん観賞会」の期間が見頃となっている。芽生すずらん群生地には、すずらんを楽しむ為の観賞用道路があり、白樺の木立に囲まれている。

すずらん

白くて愛らしい、ゆり科のすずらんは初夏の北海道を代表する花。名前の由来は鈴に似ていることから来ている。

(画像は平取町のホームページより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP