様々なカタチで日本語を楽しむ【おはなし玉手箱】

笑って泣いての二時間

2017年3月26日(日曜日)に札幌市資料館で、おはなし玉手箱~日本語の楽しさをあなたに~が開催される。

おはなし玉手箱

日本語の楽しさを、読んで語って囃して歌うのは話し手5人。生まれも育ちもやってることも違う芸人たちが、笑って泣ける「わが国ニッポンのことば」を届けてくれる。

おはなしを届ける出演者

出演者は、落語で十五家満月(じゅうごや まんげつ)、読み聞かせで末澤香(すえざわ かおる)、よみかたりで興膳津(こうぜん しん)、絵本の歌がたりで綾部潤和(あやべ じゅんわ)、絵本パフォーマンスで岸田典大(きしだ てんだい)とジャンルは様々だ。

開催概要

開催日時は2017年3月26日(日)、開場は13時30分からで開演は14時。

開催会場は北海道札幌市中央区大通西13丁目の札幌市資料館となり、一般の方は駐車できないので公共交通機関の利用を。

アクセス方法は、地下鉄の場合は札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口より西へ徒歩5分、市電の場合は「中央区役所前」または「西15丁目」下車徒歩6分、バスの場合はJR北海道バスまたは北海道中央バス「北1条西12丁目(さっぽろ芸術文化の館)」下車南へ徒歩2分だ。

料金は、大人(高校生以上)前売り1500円・当日2000円、小人は前売り当日とも500円となっている。予約はFacebookイベントへの投稿かメールなどで受付中だ。

(画像はFacebookおはなし玉手箱より)

外部リンク

Facebookおはなし玉手箱

https://www.facebook.com/events/

札幌市資料館

http://www.s-shiryokan.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP