×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

日本一広い町 足寄で大収穫祭もうすぐ開催!

足寄の農産物・特産物の直販会

10月23日、「道の駅あしょろ銀河ホール21」で大収穫祭イベントが開催される。主なイベントは足寄町で収穫した農産物や特産物の直販会だ。収穫したてのかぼちゃ、じゃがいも、大根などの農産物の他にパンやチーズ、漬物、足寄特産のラワンぶきを使用した加工食品も並ぶ。

足寄で大収穫祭

「ラワンぶき」とは

ラワンぶきはアキタブキの仲間で、足寄町の螺湾(ラワン)地域に自生する日本一大きな蕗だ。育つと高さが3m、太さが10cmにもなる。

足寄で大収穫祭

蕗がこれほどまでに大きく育つのは足寄町のみで、原因は未だ解明されていないが、足寄町の気候や土質、ラワン川の成分などが複合的に関係していると考えられている。

「ラワンぶき」は15年前に北海道遺産に選定されたため、種や苗を町外へ持ち出すのは禁止されている。「ウォーラリーin大収穫祭」も開催!大収穫祭イベントでは直販のほかにも雌阿寒太鼓保存会の演奏や、ジャガイモやカボチャを茹でて無料で試食できるコーナーなど楽しいイベントが盛りだくさんだ。

10時には「ウォーラリーin大収穫祭」として秋の足寄の町を歩くイベントも始まる。参加は無料で参加者には焼きたてのパンと飲み物が振る舞われる。ウォーラリーの受付は道の駅あしょろ銀河ホール21の大収穫祭会場だ。

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP