×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

素材も技術も貴重なアットゥシ!「アットゥシポーチづくり」

手触りを活かしたポーチをつくろう

白老郡白老町の「ポロトコタン アイヌ民族博物館」で、1月21日(土)、アイヌ文様のポーチをつくる「アットゥシポーチづくり」が行われる。

アットゥシは、木の皮から繊維を採種してつくれる布。手間と時間をかけてつくられる布は、丈夫で柔らかく、着物などにも使用されていた。

当日は、アットゥシでつくられた布にアイヌ文様を施し、ポーチを完成させる。

根付などポーチを飾りたいものや刺繡する糸など、つかってみたいものがあれば持ち込みOK。アットゥシの手触りを活かした、オリジナルのポーチをつくることができる。

アットゥシポーチづくり

見どころたっぷりのポロトコタン

白老のアイヌ集落がポロト湖畔に移設され、野外博物館としてオープンした「ポロトコタン アイヌ民族博物館」。

大きな湖の集落という意味を持つポロトコタンに、チセと呼ばれるアイヌのかやぶきの家が資料館とともに建ち、アイヌの集落の雰囲気を味わえる博物館となっている。

「ポロトコタン アイヌ民族博物館」では、解説者からアイヌの人々の生活や風習などについて聞くことができるほか、国の重要無形文化財となっているアイヌ古式舞踏を見ることができる。

手工芸の実演や、季節によってはサッチェプと呼ばれる干鮭の寒干し、薫煙を見ることもできる。

アイヌの村の雰囲気に包まれながら、アイヌ文化に触れるポーチづくりをしてみてはいかがだろうか。

【日時】1月21日(土)10時~16時(昼休みあり)
【場所】ポロトコタン アイヌ民族博物館 ポンチセ
【料金】8,000円(入館料別)
【申し込み】電話にて予約
【問い合わせ】アイヌ民族博物館 0144-82-3914

外部リンク

アイヌ民族博物館

http://www.ainu-museum.or.jp/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP