×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

失敗しない社員旅行 失敗しない社員旅行

ホワイトベアーファミリー・国内旅行企画のブランド「しろくまツアー」
創業当初より、沖縄という土地には格別の思いを持って販売して参りました。そんな我々だからご提案できる、社員旅行がここにはあります。

美ら海水族館?首里城??沖縄そば???
もちろん、定番ですが、
沖縄はそれだけじゃありません!

定番を取り入れながらも、ワンランク上の
沖縄旅行を一緒に考ええようじゃありませんか!そうすれば 幹事様、あなたはヒーロー間違いナシです!
社員の皆さまが忘れられない旅行にしちゃいましょう!私たち沖縄旅行の精鋭メンバーが全力サポートします!

ホワイトベアーファミリーで沖縄旅行を申し込む5つのメリットホワイトベアーファミリーで台湾旅行を申し込む5つのメリット

5つのメリット 5つのメリット
沖縄旅行の精鋭部隊が全力でサポート!!

沖縄が社員旅行にオススメな理由!

  • フライト便が豊富で時間が選べる!

    ANA・JAL・スカイマーク・ジェットスター・バニラエア・ピーチ、 全てのキャリアの取り扱いがあり、航空会社でもダイヤでもチョイスすることが可能です。
    また、ANA・JALの発券認可店でもあり、様々な券種も手配可能です。

    【主な都市からの所要時間】※キャリアにより所要時間が前後します。

    羽田→沖縄=2時間40分 成田→沖縄=3時間 大阪→沖縄=2時間10分 中部→沖縄=2時半 福岡→沖縄=1時間40分 札幌→沖縄=3時間45分

  • 現地に仕入れセンターがあり、連携プレイでご要望に応えます。

    沖縄には仕入れセンターがあり、そこには沖縄のスペシャリストや沖縄出身の
    メンバーが5名以上常駐しています。

    お客様からのご要望はすぐに仕入れセンターに連絡が入り、
    必要があればホテルやオプショナルツアーショップに
    出向き交渉することが可能です。
    現地にいるからこそ出来る交渉術であなたのご希望にお応えします。

  • 旅行のプロだから出来る旅の提案・手配・価格を実現

    人数が多くなればなる程、要望がバラバラしやしく中々まとまりません。幹事様の最大の悩みの種だと思います。

    私たちはまずヒアリングさせていただきます。どうすれば皆様がまんべんなくお楽しみいただけるか、1番いいと思う方法をご提案させていただきます。(ご希望であればモデルコースなども無料でご用意致します。) また、予算や希望を考慮し、特別メニューを作成したりすることも可能です。

沖縄の気候は?いつの時期がオススメなの?? 沖縄の気候は?いつの時期がオススメなの??

沖縄と東京の平均気温(℃)の比較

  • 沖縄
  • 東京
  • 最高気温
  • 最低気温
  • 最高気温
  • 最低気温
  • 1月
  • 19.5
  • 14.6
  • 10
  • 1
  • 2月
  • 19.8
  • 14.8
  • 10
  • 2
  • 3月
  • 21.7
  • 16.5
  • 13
  • 4
  • 4月
  • 24.1
  • 19.0
  • 18
  • 10
  • 5月
  • 26.7
  • 21.8
  • 23
  • 15
  • 6月
  • 29.4
  • 24.8
  • 25
  • 19
  • 7月
  • 31.8
  • 26.8
  • 29
  • 22
  • 8月
  • 31.5
  • 26.6
  • 31
  • 24
  • 9月
  • 30.4
  • 25.5
  • 27
  • 20
  • 10月
  • 27.9
  • 23.1
  • 21
  • 14
  • 11月
  • 24.6
  • 19.9
  • 17
  • 9
  • 12月
  • 21.2
  • 16.3
  • 12
  • 4

▶︎ 12月~2月:

寒い日は10℃まで気温が下がります。2月になると徐々に温かさが増していきます。

▶︎ 3月~4月:

3月は夜冷え込むことも多いですが日中は温かくなります。3月末~4月頭に海開きになる場合が多いです。

▶︎ 5月~6月:

ゴールデンウイーク明け頃に梅雨に入り6月末ごろに梅雨明けします。気温的には温かく夏物の服でOK

▶︎ 7月~8月:

真夏シーズン到来。沖縄らしい青い海・青い空をお楽しみいただけます。台風が接近することが多くなります。

▶︎ 9月~12月:

9月中旬まで猛暑が続きますが、10・11月ごろには観光に最適なシーズンになります。台風が接近する時は大型化する傾向があるため注意が必要です。

沖縄は南国で年中温かいイメージもありますが、季節によっては海風や台風などで寒い時期もあったり逆に想像以上の日差しの強さにも気を付ける必要があります。 1年のざっくりとした機構・服装などご紹介させていただきました。

旅の目的によっておすすめの時期は変わってきます。海遊びやBBQなどをメインにするならやっぱり夏がおすすめ。 逆に観光中心に旅を考えている場合は秋・冬の過ごしやすい時期をおすすめさせていただきます。
社員旅行の場合、内容よりも行く日程が先に決まる場合があります。その場合はその気候にあったプランなどもご紹介することが可能です。

NAVIへ戻る▲

沖縄を旅する前に基礎知識を予習をしよう。 沖縄を旅する前に基礎知識を予習をしよう。

何日間くらい滞在したら
楽しめるかな。
人数が多いので2班に分けて
出発したいのですが。

2泊3日が1番多いです。羽田や関西発であれば便数も多い為、朝出発/夜帰りにすれば丸々2日間お楽しみいただく事も可能です。社員旅行の場合、幹部の方は1泊2日で社員の方は3日間も可能です。
また2班に分けて催行することも可能です。滞在時間を1日被らせて宴会の準備をされる企業様も多くいらっしゃいます。

添乗員は必要??もし添乗員をつけない場合、
現地でトラブルが発生した際 誰か助けてくれるのですか?

国内旅行ですし必ず付けた方がいいという事はありません。必要に応じて同行させていただきます。バスを利用する場合はガイドの手配をすることも可能です。添乗員をつけない場合でもお困りの際のサポート体制もバッチリです。

出発日で気を付けた方がいいことはありますか?

コンサート・祭・マラソン大会など何かのイベントに重なった場合、島全体が大変混雑します。交通量が多く下道も高速も大渋滞します。出発日を決定する際は出来れば避けた方がいいかもしれません。また個人商店などは祝日や旧正月をお休みする場合もあります。予め行きたい場所があれば定休日をチェックしておきましょう。

台風などで飛行機が飛ばない場合はどうなるの?

飛行機の運行決定は早くても出発日の前日でしかわかりません。万が一台風で欠航が決まった場合は全てキャンセル料
なしとなります。もしくは日にちの変更を ご希望する際は再度打合せさせて頂きプランの日程をスライドさせる
ことも可能です。(※変更する日程によっては金額が変わる場合もございます。)
また現地に行ってから悪天候で予定が変わる場合もこちらで全てお手配をさせていただきます。

報奨旅行を兼ねた社員旅行を考えています。

ゴルフコンペや表彰パーティなどもお願いできますか?

もちろんです。特にゴルフに関しては弊社は専門特化した部署もありご希望であればサポートまでさせていただきます。
表彰パーティも同じでお手配可能です。ビーチパーティ、ガーデンパーティ、ホテルやレストランの貸し切りから音響の手配まで可能な限りお手伝いします。

NAVIへ戻る▲

沖縄エリアNAVI

沖縄北部の観光スポット

  • ◆ 美ら海水族館

    沖縄の観光の王道スポット。世界最大級のアクリル水槽の中にはジンベイザメやマンタなどが自由に泳いでおり、超ド迫力な黒潮の海を体感することが可能です。また、サンゴの大規模飼育で沖縄の海を再現する「サンゴの海」も圧巻です。海洋博公園も併せて楽しむことの出来るテーマパークです。
    営業時間:10月~2月⇒8:30~18:30/3月~9月⇒8:30~20:00
    入場料:大人…1,850円、高校生…1,230円、小・中学生…610円

    ACCESS

    那覇空港から車で約3時間

  • ◆ 古宇利島

    古宇利島はアダムとイブ伝説がある「恋の島」という事で近年大人気の島。特に通行無料の橋としては日本で2番目に長い橋「古宇利大橋」からの景色は絶景で、まるで海の中を走っているような感覚になります。古宇利島内には”ティーヌ浜”という恋愛のパワースポットや、古宇利大橋を一望できる”古宇利オーシャンタワー”などがあり、立ち寄りスポットもあります。

    ACCESS

    那覇空港より 沖縄自動車道⇒国道58号線を通り⇒屋我地島を経由し古宇利大橋を渡ります。

  • ◆ 備瀬集落

    ”備瀬のフクギ並木”はパワースポットとしても有名。フクギは18,000本ほど並んでおり徒歩やレンタサイクルで散策出来ます。集落は広く、奥の方に行けば伊江島タッチューを一望できる”備瀬崎”があり、ここの景色も絶景です。(入り口から少し距離があるためレンタサイクルで行く事をオススメします。)また、フクギ並木の中にはパワースポットの巨大ガジュマルも。手を触れるだけでもパワーをもらえる感じがGOODです♪

    ACCESS

    沖縄自動車道 : 許田ICから 車(一般道)で約 50分

  • ◆ 大石林山

    沖縄随一のパワースポット。このエリアは平成28年に国立公園に認定されました。運が良ければ天然記念物の”ヤンバルクイナ”を見ることが出来ます。
    バリアフリーコースからトレッキングコースまであり様々な楽しみ方が可能です。晴れれば鹿児島の離島も望むことが可能です。
    営業時間:9:30〜16:30(年中無休)
    <入場料>
    大人(15歳以上)…1,200円
    小人(4歳〜14歳)…550円

    ACCESS

    沖縄自動車道 : 許田ICから 車(一般道)で約 60分

  • ◆ ワルミ大橋

    今帰仁村天底と名護市の屋我地島を結ぶ橋でコンクリートアーチ状の架け橋では日本で5番目に長い橋となります。ワルミ大橋の入り口には展望台がありここから見るワルミ海峡は絶景です。 ワルミ大橋は2010年に開通しました。この時から美ら海水族館~ワルミ大橋経由~古宇利島に観光する人も増え、今や北部観光を満喫する上では欠かせないルートになりました。

    ACCESS

    沖縄自動車道許田ICから国道58号を北上、県道110号から屋我地島へ入り今帰仁方面へ。許田ICから約24km、車で約40分。

  • ◆ 芽打バンタ

    沖縄本島最北端の「辺戸岬」のすぐ手前にあり、高さ80mの断崖絶壁から見る景色は絶景以外の何物でもありません!手つかずの場所という事もあり、海の透明度は離島にも勝るとも劣らない。インスタ映え間違いなしの絶景です。ただ、崖があるだけなので、立ち寄り程度で考えても大丈夫です。

    ACCESS

    空港から高速で許田IC経由で約2時間30分。国道58号線だと約3時間。

沖縄中部の観光スポット

  • ◆ 万座毛

    沖縄屈指の観光地の1つ。絶景なのに入場料も無料という事もありいつも観光客で賑わっています。 隆起した珊瑚岩から成る高さ約20メートルの絶壁に、まるでゾウさんのお鼻のような形をした岩は万座毛の象徴でよく色々な媒体で見ることもあると思います。 また万座毛は夕日が特にオススメ!水平線に沈む大きな夕日を見たら感動して泣けてきます(笑)

    ACCESS

    沖縄自動車道「屋嘉IC」で下りて約10分

  • ◆ 海中道路

    観光地の少ない東海岸エリアにあり、勝連半島へ行く全長約5kmの橋です。窓を明けて好きな音楽をかけて…ずっと真っすぐな道を走る爽快感! ただスピードの出し過ぎに注意!スピード違反の取り締まりも定期的にやっています。旅行が台無しになってしまうので法定速度は必ず守って楽しみましょう! 橋の真ん中辺りには海の駅があります。ここで小休憩しながら絶景を楽しむことも可能です。

    ACCESS

    那覇IC→沖縄北IC経由で約50分

  • ◆ 座喜味城跡

    「続日本100名城」に選ばれた世界遺産「座喜味城」。冬の時期なら夜ライトアップされます。琉球御王朝時代と現在のコラボレーションがとてもカッコいいです。フォトスポットとしても人気が出ており、インスタ映えも◎!
    1番高い場所からは読谷村が一望できます。沖縄ならではの景色をお楽しみください。

    ACCESS

    那覇空港から車で約1時間

  • ◆ 勝蓮城跡

    自然の断崖を利用した”難攻不落の城”として2000年ユネスコの世界遺産に登録されました。頂上に登ると蒼い海を一望することが出来ます。
    観光しやすいよう、道も舗装されているのでお子様やご年配の方でも他の城跡に比べて見学しやすくなっています。
    開所時間:9:00〜18:00(年中無休)

    ACCESS

    那覇空港から車で約1時間

  • ◆ 琉球村

    ”昔の沖縄”を体験出来るテーマパーク。エイサーや道ジュネーなどの沖縄伝統のショーなどが見られます。琉球村の中には昔の民家を再現した家が立ち並んでおりそこでは【三線教室】や【サーターアンダギー作り体験】など様々な体験をすることが可能です。(※別途料金発生)
    開所時間:9:00〜18:00(年中無休)
    <入村料> 大人(16歳以上)…1,200円、小人(6-15歳)…600円、6歳以下…無料

    ACCESS

    那覇空港から車で約60分

  • ◆ 東南植物楽園

    【水上楽園】と【植物園】の2部構成。水上楽園は観光バスに乗ってアナウンスを聞きながら園内を見学することが可能です。バスは乗らなくてもいいですがかなり広大なのでバスで回る事をおすすめします。水上楽園に比べ植物園はメジャーではありませんが見どころ・パワースポット満載!是非ガイド付きで見学しましょう!
    営業時間:日にちにより変動あり
    <入場料> 一般…1,500円、高校生…1,000円、小中学生…500円、6歳未満…無料

    ACCESS

    那覇空港から車で約60分

  • ◆ Gala青い海

    塩づくり体験やサンゴの苗作り体験などが出来る施設です。特に塩づくり体験はオススメで自分で作った塩を瓶に入れてお土産に持って帰る事が可能です。 また作りたての塩をポップコーンなどに付けて試食することが出来ます。お土産屋さんやレストランも併設。塩ソフトクリームは絶品です。Gala青い海の塩も美味しいので是非自分用として買って帰るのも◎!
    営業時間 10:00~18:00

    ACCESS

    那覇空港から車で約60分

  • ◆ 御菓子御殿 恩納店

    人気の元祖紅いもタルトの工場ラインが併設されており、次々に製造されるタルトをガラス越しに見学することが可能です。お土産ショップの品揃えも多く 試食もたくさんあるので、味を確かめてお土産を買う事が可能です。紅芋タルトづくり体験もあり!団体の受け入れも可能です!
    営業時間 8:30~19:30(年中無休)

    ACCESS

    那覇空港より車で約90分

那覇エリアの観光スポット

  • ◆ 国際通り

    那覇と言えば国際通り。お土産ショップ・お食事処などが軒を連ねる観光客の為のストリートです。 筋を入ればディープな沖縄が。特に牧志公設市場は沖縄の台所として昔から営業しており沖縄ならではのディープな食材がたくさんあります。 最近では【屋台村】など新たなスポットもOPENしているので自由時間を多くとって散策したい。

    ACCESS

    那覇空港から車で約15分

  • ◆ 世界遺産 首里城

    沖縄で1番有名な世界遺産。モデルコースには必ずと言ってもいいほど行程に組み込まれる事が多いです。是非、ガイドと一緒にまわりましょう。琉球王朝時代のお話を現代風に置き換えてわかりやすく説明してくれます。
    営業時間:日にちにより変動あり⇒ご利用案内
    <入場料> 大人…820円、高校生…620円、小・中学生…310円、6歳未満…無料

    ACCESS

    那覇空港から車で約40~60分

  • ◆ DFS Tギャラリア

    沖縄にある免税店。那覇空港の中にもありますが、ゆいレール「おもろまち駅」にある免税店の方がブランドも多くお楽しみいただけます。 海外と同様、購入したら空港の保安検査場を通過してからしか品物は手に入りませんが、国内に居ながら免税品を購入できる唯一のお店です。
    営業時間 9:00~21:00(金・土は22:00迄)

    ACCESS

    那覇空港から車で約20分

  • ◆ 首里の石畳

    「首里・金城町の石畳道」は首里城から徒歩圏内。街並みは県の名勝に指定されています。首里城と合わせて行きたいスポットです。 ここでは沖縄らしい写真を撮る事が可能です。モノクロやセピア色に加工すればさらにノスタルジックな写真になるでしょう。 石畳からすぐの所に「首里金城町の大アカギ」があります。樹齢200年で神が降臨するパワースポットとして有名です。

    ACCESS

    那覇空港から車で約40~60分

沖縄南部の観光スポット

  • ◆ 瀬長島ウミカジテラス

    那覇空港から車で行ける1番近い島【瀬長島】、ここに2015年にOPEN。白亜の外観はまるでヨーロッパのリゾートみたい。ここにはオシャレで話題の42施設(2018年5月現在)が営業しています。ウミカジテラスには足湯があり、ドライブで疲れた身体を癒す事が可能です。夕方や繁忙期は瀬長島内かなり渋滞が発生するので時間に余裕を持って遊びに行きましょう。
    時間があればBBQなどもお楽しみいただけるスペースもあります。BBQや散策をした後、【琉球温泉 龍神の湯】の日帰り温泉も是非ご利用ください。

    ACCESS

    那覇空港から車で約15分

  • ◆ 斎場御嶽

    琉球王国最高の聖地 世界文化遺産。昔は男性は入る事が出来なかった女性の聖地です。御嶽内には6つのイビ(神域)があり、 代わりに置かれている御門口の香炉に向かって祈る人もいらっしゃいます。斎場御嶽の1番有名な場所、巨大な岩が三角形を描く「三庫理(さんぐーい)」は圧巻です。三庫理をくぐると御嶽があります。ここからは神の島【久高島】を崇拝することも出来、最大の拝所となります。駐車場からの距離がデメリット。片道10分ほど歩かないいけません。

    営業時間:時期により変動あり⇒ご利用案内
    <入場料> 高校生以上…300円、小・中学生…150円、団体20名以上…200円

    ACCESS

    那覇空港から車で約50分

  • ◆ 知念岬

    斎場御嶽の近くにあるため、併せていきたい絶景スポット。駐車場から徒歩で少し下ると絶景の公園があります。天気のいい日はパラセーリングしている方も多く、 絶景を満喫することが可能です。駐車場のある場所から公園に行く途中に橋があります。上から写真を撮って貰えばとてもインスタ映えする写真が撮れますよ♪

    ACCESS

    那覇空港から車で約35分

  • ◆ ひめゆりの塔

    【ひめゆりの塔】は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒・教師の鎮魂のための慰霊碑です。社会見学や沖縄の歴史を知るには外せないスポット。ひめゆり平和祈念資料館には沖縄戦がどのような悲惨なものだったのかを展示しています。心が苦しくなる場所かもしれませんがこの悲しい出来事を知り、平和を祈る事はとても大切だと思います。
    営業時間 9:00~17:25
    <入場料> 大人…310円、高校生…210円、小・中学生…110円

    ACCESS

    那覇空港から車で約30分

NAVIへ戻る▲

沖縄のおすすめグルメ

  • 沖縄そば

    沖縄そば

    沖縄独特のそばで、そばと言っても蕎麦粉は一切使わず、小麦粉に灰汁を加えて打たれるそば。沖縄では「すば」とか「うちなーすば」とも呼ばれています。 上に乗る具材が豚の三枚肉の場合基本的には「沖縄そば」と言い、三枚肉がソーキ(スペアリブ)になれば「ソーキそば」と言われます。沖縄そばと言っても様々で場所によっては「八重山そば」「宮古そば」「中山そば」など地名が付いて特徴のある麺になる場合もあり。自分の好きなそば屋さんや製麺所を見つけてみよう♪

  • タコライス

    タコライス

    沖縄の金武町で誕生したタコライス。元々はキャンプハンセンで働く米兵のために作られた沖縄独特のB級グルメ。中でも人気なのが「キングタコス」。アメリカンサイズのボリュームながらリーズナブル。そして美味!本場の味を求めて金武町に来るファンも多いが、今はオシャレなCAFEでもタコライスを提供するお店も増えてきており様々ば場所で食べることが出来るようになりました。またタコミートはスーパーでも売られており、お土産に買って帰って家でもタコライスを楽しむことが出来るようになりました。

  • ステーキ

    ステーキ

    今、沖縄では「〆のステーキ」は定番中の定番。地元人に人気の【ジャッキー】や、観光客に人気の【サムズ】【ステーキハウス88】など、ステーキハウスもどんどん増えてきています。元々沖縄の人は居酒屋で食事をせずにひたすら飲むため、解散するころにはお腹がすいてステーキを食べに行くという文化になっていったようです。何故、ステーキ??というのは諸説あるようですが、基地が出来たころにステーキハウスも一緒にやってきました。その後繁華街にもステーキハウスが出来、庶民も楽しむようになったとか。沖縄でのステーキは“霜降り肉”というよりは“赤身肉”が定番!高たんぱくでヘルシーなお肉だからこそ夜中食べちゃうのでしょう!

  • 魚のマース煮

    魚のマース煮

    私イチオシの沖縄グルメが“マース煮”。マースというのは沖縄方言で「塩」の事。沖縄で上がったお魚を塩だけの味付けで煮込んだもの。はじめ、見た目のグロテスクさに食べず嫌いをしていましたが、1度食べたら美味しさの虜に!特にアラの部分や沖縄独特の魚(グルクンやイラブチャー)などは絶品! 見た目の悪さに騙されず(笑) 是非食べてみて欲しい一品です。

  • そーめんチャンプルー

    そーめんチャンプルー

    チャンプルーは沖縄方言で「炒める」という意味。つまり素麺の炒め物です。味付けはカツオだしなどで優しい味になっています。ここにポークハムやお野菜が入っており栄養も満点。ゴーヤ炒めなら「ゴーヤチャンプルー」お麩なら「フーチャンプルー」。面白いのはいくら素麺と言えどあくまでオカズ。定食の場合はご飯もついてきます(笑) 居酒屋でも提供する場所も多いですがチャンプルーは是非定食屋さんで食べてもらいたいです。

  • サーターアンダギー

    サーターアンダギー

    沖縄のおやつで揚げドーナツの一種。首里方言で、サーターは「砂糖」、アンダーギーは「アンダ(油)+アギ(揚げ)」直訳すると「砂糖を油で揚げたもの」です。とても身体に悪そうですね(笑)でも味は絶品。どこか懐かしい優しい味です。でも口の中の水分を全て持って行かれるので飲み物はマストで必要となります。最近では、マンゴー味や黒糖味、セサミ味など様々な種類も発売されていますが個人的にはプレーンが1番美味しいと思います!

NAVIへ戻る▲

沖縄モデルコース沖縄モデルコース

沖縄県南部は今注目のエリア。移動距離もコンパクトで効率よく観光することが可能です!社員旅行の内容によっては沖縄戦の歴史を巡るコースを盛り込む事も可能です。

▼モデルコース詳細はこちらから
AM
9:00 ホテル出発


↓(移動時間:約30分)

AM
9:40
新原(みーばる)ビーチにて
グラスボート乗船
所要時間:約90分

新原(みーばる)ビーチグラスボート乗船
1年を通じて美しい沖縄の海の中を気軽にのぞく事が出来るグラスボート!そこはまさに天然の水族館です♪手を伸ばすと届きそうなところまで近づいてくる魚たちに会いに行きましょう!


↓(移動時間:約30分)

AM
11:15
おきなわワールド&玉泉洞
所要時間:約165分

おきなわワールド&玉泉洞
国内でも有数の規模を誇る玉泉洞をはじめ、築100年以上を経た沖縄特有の古い赤瓦の民家を再現した街並みは見ごたえ充分です。伝統号芸や黒糖づくり・三線の体験もできます。
PM
12:00
園内で昼食

おきなわワールド&玉泉洞
おきなわワールド内、「健食バイキングちゅら島」にて。ビュッフェが基本ですが、ご希望により特別メニューを作成することも可能です。

(12:30~)園内にて
【スーパーエイサーショー】開催
おきなわワールド&玉泉洞
勇壮ではつらつとした伝統芸能「スーパーエイサー」。エイサーのほか、獅子舞やアンガマ、四つ竹など沖縄の伝統芸能が一同にお楽しみいただます。 お食事が早めにお済の方は是非見学しましょう。


↓(移動時間:約60分)

15:00頃
ホテル到着

観光の王道「美ら海水族館」をメインにした人気のモデルコース。北部だけのモデルコースにしてますが宿泊場所によっては中部エリアも盛り込めます。

▼モデルコース詳細はこちらから
AM
9:00 ホテル出発


↓(移動時間:高速利用 約90分)

AM
10:00
美ら海水族館
所要時間:約120分

美ら海水族館
美ら海水族館は沖縄観光を語る上では絶対にはずせないマストスポットです。世界最大級のアクリルパネルの奥には沖縄近海に生息するお魚たちがいっぱい! 様々なエリアがあるがやっぱり圧巻はジンベイザメのいる「黒潮の海」です。


↓(移動時間:約30分)

PM
13:00
キッチンやんばるにて昼食
所要時間:約90分

キッチンやんばる
沖縄の地元食材をはじめ、豊富なメニューのビュッフェBBQ。ご予算によっては飲み放題をつけたり、特別メニューを作成することも可能です!早めに食事を終えた場合はお土産ショップをみて時間を過ごすのも◎!


↓(移動時間:約30分)
↓ワルミ大橋経由/古宇利島
ワルミ大橋



PM
15:00
古宇利オーシャンタワー

古宇利オーシャンタワー
パノラマ展望台からは古宇利大橋と本部半島が一望でき、まるで絵葉書のような絶景を見ることが可能です。 また1階はシェルミュージアムがあります。自分だけのお気に入りの貝殻を探してみましょう! ここにもお土産ショップがあります。古宇利大橋オーシャンタワー限定のお土産も必見です。


↓(移動時間:高速利用 約90分)

17:30頃
ホテル到着


那覇と言っても買い物だけではありません!見どころ満載!コンパクトで内容の濃い半日コースです!

▼モデルコース詳細はこちらから
AM
9:00 ホテル出発


↓(移動時間:約30分)

AM
9:30
首里城にて
まちまーい
所要時間:約90分

首里城まちまーい
言わずと知れた那覇随一の観光スポット。個人で回るのもいいのですが、那覇市の観光ガイドと巡る「まちまーい(沖縄方言で”街歩き”という意味)」をご用意します。 沖縄弁(うちな~ぐち)と標準語を混ぜて語られる琉球王朝の歴史はとても興味深く建造物の勉強にもなります。 また日本3大ガッカリの”守礼門”で是非ガッカリしてみてください^^


↓(移動時間:約15分)

AM
11:15
沖縄県立博物館・美術館
所要時間:約60分

沖縄県立博物館・美術館
美術工芸などを紹介した「博物館」と、沖縄県出身の作家や沖縄にゆかりのある作家の作品を中心に展示された「美術館」からなる複合文化施設で見ごたえ抜群。 沖縄のグスク(お城)をイメージしてデザインされた外観も必見です!


↓(移動時間:約15分)

PM
12:30
御菓子御殿 松尾店にて昼食

御菓子御殿 松尾店にて昼食
沖縄のお土産屋さんで最も有名と言っても過言ではない「御菓子御殿」。1階は人気の紅芋タルトをはじめとしたオリジナルの土産を多数置いたショッピングエリアです。 その2階にあるダイニングで昼食をご用意します。沖縄のご当地グルメを是非ご賞味ください!(※予算に応じた特別メニューを作る事も可能です。)

(昼食後~)国際通りにてフリータイム
国際通りでフリータイム
各自ショッピングなどお楽しみください♪


↓(移動時間:約30分)

15:00頃
ホテル到着

NAVIへ戻る▲

お問合せ~催行までの流れ

1

まずは
無料相談してください!

相談しなければはじまらない(笑)全然内容が漠然としていても大丈夫です。
経験豊富なスタッフが必要事項をヒアリングさせて頂きます。

営業時間…10:00~18:00

(メールで17:00以降の問い合わせに関しては翌日のご返信となります。)

2

あなたに合ったプランを
ご提示します。

ヒアリングさせていただいた内容を元に、空席状況・空室状況確認をします。
ご希望日程でご用意出来る最適のプランをご提案させて頂きます。

※飛行機・ホテルは先に仮押さえしないと特に団体の場合は取れなくなる可能性が極めて高くなります。
事前に仮押さえの期限などはスタッフよりお伝えさせて頂きますのでご安心くださいませ。

3

旅の中身を肉付け
していきましょう!

飛行機・ホテルをお押さえしたらどのような行程で回ったりするのが効率よくお楽しみいただけるかご提案させて頂きます。
宴会が必要、バスが必要、ゴルフをしたい!…などなど、現場からのご要望も聞いているかと思います。その要望をどうすれば叶える事が出来るのか、叶えられない場合は別の案をご提案するなど、ここからは旅の満足度をあげるための作戦を一緒に考えていきます。

4

旅を確定させたら
手配を行います。

内容が確定すれば手配を行います。幹事様は参加者の名簿を集めてもらったり、お部屋割を作成したりなどまだまだやる事はたくさんあります。
事前に幹事様が準備していたり、対応しておけばスマートな事などこちらからご提案させて頂きます。準備も終盤です。抜かりない手続きを踏むため、サポートさせて頂きます。

5

行程表を
作成しましょう。

どの会社も社員旅行用に「旅のしおり」を作成される事が多いです。旅の流れや差し込みの写真提供なども協力出来る部分は全てサポートさせて頂きます。
過去の事例では、しおりはもちろん、宴会の席次表やお部屋のお部屋割表のご用意もお手伝いさせて頂いた事がございます。お気軽にご相談ください!

6

さぁ、出発です。

ご希望とあれば空港でお見送りさせていただきます。
現地⇔弊社スタッフ間は連携しておりますので何かトラブルがあっても出来る限り早急に対応をさせて頂きます。
素敵な旅になるよう、旅行催行が終了するまでサポートさせて頂きます!

NAVIへ戻る▲

沖縄旅行 過去の手配事例

case01

【ファーストコンタクト】

2年の1度ご利用いただいております企業の方で、今年の社員旅行はどこに行くか未定の状況でご相談頂きました。2年前は台湾とグアムの2か所に分けて社員旅行を開催したとの事だったので 今回は国内で探して欲しいという形でお話がスタートしました。

【お客さまのこだわりポイント】

夜のパーティ2日とも必ず170名一緒に参加出来る場所が絶対条件でした。
後は、①建設関係の会社なので昔と今のオススメの建造物の見学 ②ゴルフコンペの準備 ③30名ほどは無人島に渡りたい ④社長が嫌いな食べ物は絶対に出さないで欲しい

などなど、定期的にお話をさせて頂きましたがその都度こだわりや社員様からの要望が増えて来て幹事様も大変そうでした

【しろくまツアーだから出来た注目ポイント】

WBFのグループホテルでもある「琉球温泉 瀬長島ホテル」を貸し切りにしました。宴会に関しても本来であればレストランに170名全員が入らないのですが プールサイドやBarの部分もパーティースペースとして開放し170名が全員入る会場をこの日限定で作り上げました。

1日目に利用した別のホテルの宴会上は円卓のパーティ形式にしました。その際170名の方が席に悩まないよう、席次表・席のプレートもラミネート加工し事前に全て用意しました。

後は2日目のフリープランに関しては4つのモデルコースを作成。それぞれオリジナルの手作り日程表を作成し全員にお渡ししました。これが1番社員の方に喜んでいただけ様です。

ガイドさん
DATA
旅行目的社員旅行
人数170人
日数3日間
出発地羽田発・関西発・福岡発
旅の行程
1日目 13:05 羽田空港⇒那覇空港
JAL917便(15:30着)
13:15 羽田空港⇒那覇空港
ANA473便(15:45着)
12:20 伊丹空港⇒那覇空港
ANA1143便(14:25着)
13:10 伊丹空港⇒那覇空港
JAL2085便(15:10着)
12:35 福岡空港⇒那覇空港
ANA1081便(14:20着)

那覇空港到着後、貸し切りバスで宿泊ホテル(琉球温泉 瀬長島ホテル)へ

17:20 貸し切りバスにて夕食会場へ移動
18:00 宴会会場へ
21:00 貸し切りバスにて、宿泊ホテルに移動
2日目 8:30 各自ご選択いただいたプランをお楽しみください。

★ゴルフ(沖縄カントリークラブ)
★北部観光1日コース
★ナガンヌ島日帰りコース
★中部観光1日コース

18:30 琉球温泉瀬長島ホテルにてパーティースタート
3日目 8:30 各自ご選択いただいたプランをお楽しみください。

★ゴルフ(ザ・サザンリンクスゴルフリゾート)
★南部観光半日コース
★那覇観光半日コース

観光終了後、貸し切りバスで那覇空港へ…

16:15 那覇⇒羽田 JAL916便
16:40 那覇⇒羽田 ANA472便
18:15 那覇⇒羽田 ANA474便
16:55 那覇⇒伊丹 ANA770便
15:55 那覇⇒伊丹 JAL2086便
17:55 那覇⇒伊丹 JAL2088便
16:40 那覇⇒福岡 ANA1212便

NAVIへ戻る▲

沖縄旅行おすすめ観光情報

  • 沖縄旅行企画のプロが北部観光のおすすめスポットを完全ガイド!!

    沖縄旅行企画のプロが北部観光のおすすめスポットを完全ガイド!!

    今こそ話題の沖縄県北部エリアに行ってみたくないですか?そこで、沖縄の企画造成者が北部エリアのおすすめスポットを完全ガイドします!

  • 沖縄担当者がススメル ハズレ無しのモデルコース特集!

    沖縄担当者がススメル ハズレ無しのモデルコース特集!

    せっかくの沖縄旅行、スキなく回りたいですよね!見たい・行きたいスポットいっぱい!旅のプランニングでお困りの方必見!旅行のプロが教えるハズれ無しのモデルコースをご紹介

  • 御朱印ガール必見★ハマる人続出!御朱印収集家なら絶対行きたい沖縄の神社3選

    沖縄独特のハンコもあり、友達にも自慢出来るはず!沖縄旅行の際、ちょっと時間を作って是非神社や寺院に立ち寄ってもらい、ご自身の御朱印帳に刻んでいただきたいです。

  • 沖縄旅行の荷物を考える。持っていくべきもの、そうでないものとは?

    できるだけ必要なものを持って行きたいですよね。沖縄旅行ならではのに必須アイテムをご提案。さらに、本州とは異なる沖縄の気候に合った服装を月ごとにご紹介します。

  • 人気の沖縄お土産をシチュエーション別にご紹介!後悔しない選び方

    定番から最新モノまで!喜ばれること必至の<厳選沖縄お土産>をご紹介します!ハズレ無しの喜ばれるお土産をゲットできる事必至です!

  • 沖縄のお土産と言えば"御菓子御殿"。人気商品を実際に食べ比べてみた。

    沖縄のお土産で代表的な会社の1つである御菓子御殿。広報の方にもご協力いただき、2017年1月現在の新商品や人気のお土産を教えていただき、実際にスタッフで食べてみました。

NAVIへ戻る▲

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP