ホワイト・ベアーファミリーが運営する
合宿会議・研修旅行・社員旅行の専門サイト「社員旅行革命」

お問い合わせ・ご相談

お電話でのご旅行のご予約・ご質問はこちらまで

東京050-3816-6161大阪06-6371-8048

月~金 10:00~17:00 /土・日・祝 休業

【GoToトラベルキャンペーン】10/1より東京都民の方も割引販売スタート!しろくまツアーなら旅行代金の最大50%還付!(一部商品除く) 【withコロナ時代の新旅行スタイルについて

都内から気軽に、自然と温泉がある埼玉で合宿はいかが?

東京から車で90分、自然のなかで合宿

東京から車で約90分、特急電車で約80分とアクセスがよく気軽に行ける埼玉県秩父。山に囲まれ、初夏にはホタルが鑑賞できるほど自然豊か、さらに温泉があり観光地として人気のエリアです。

昔から続く日本三大美祭および日本三大曳山祭のひとつに数えられる秩父夜祭りや秩父川瀬祭などの行事が盛ん。また秩父各地には神楽が脈々と受け継がれています。

歴史的にも文化的にもたいへん奥深く、旅行先としても楽しめる秩父には合宿、団体旅行を受け入れ可能な宿泊施設、プランが多数あります。自然のなかでリフレッシュしながら合宿旅行をしてみませんか。秩父エリア内、合宿受け入れ可能な4つのおすすめ宿泊施設をご紹介します。

秩父合宿おすすめ宿① 秩父小鹿野温泉旅館 梁山泊

秩父の小鹿野温泉にある梁山泊(りょうざんぱく)。全国的にもめずらしい高アルカリイオン泉の天然温泉です。男女別内湯のほか露天風呂、貸切風呂があります。

合宿利用でぜひ活用したいのが、車で5分の場所にある70名収容可能な「梁山泊ホール」。宿泊者は無料で利用可能です。会議室やミーティングとしての利用だけではなく、空手・合気道などの武道、エアロビクスや新体操での利用にも十分な広さ。ホールにはトイレ、シャワールーム、キッチンなどが完備されています。

また梁山泊では近隣の体育館、グラウンド、野球場などの手配と各場所への送迎の対応を受けておりたいへん便利。

100収容可能、合宿料金費用1泊2食つき¥6000(税別)~。さらに個室ではなく大広間で大人数が一緒に泊まることもできるため、用途に応じて問合せてみましょう。

秩父合宿おすすめ宿② 秩父ふるさと村

秩父の自然を楽しめる宿泊施設併設の総合レジャー施設。秩父グルメの代表である秩父そばのそば打ち、川遊びや季節の野菜収穫など体験メニューが多数取りそろえられています。

村内にある3つの宿泊施設には合宿プランがあり、それぞれ最大50名、65名、140名の宿泊が可能。費用は1泊2食つきで¥6500(税別・社会人)~。会議室(別途有料)は30~100名まで幅広く対応ができるよう完備されています。そのほか徒歩5分の私有多目的グラウンドも利用できます。

最寄り駅や体験農園まで送迎の対応可能。温泉露天風呂や村内の豊かな自然環境、体験メニューも楽しめる充実の合宿プランがそろいます。

秩父合宿おすすめ宿③ 小鹿野 越後屋旅館

秩父小鹿野温泉内、約130年の歴史ある旅館。玄関を入ると正面に江戸時代から越後屋に伝わる存在感のある階段があり、館内はレトロな雰囲気が漂います。

温泉は地元でも「お高根さま」と信仰のある神社、高根神社から名前がつけられた『高根鉱泉』が源泉。泉質は炭酸水素ナトリウム泉。また地産地消、地元で生産されたものをふんだんにとりいれた料理を楽しめます。

6~14畳の和室で宿泊。120名収容可能な広々とした90畳の大広間があり半分に仕切ることもできます。一般費用は朝食のみつきプラン¥5833(税別)~、2食つきプラン¥8130(税別)~。合宿料金、団体料金は優遇ありのため問合せましょう。

町内にある剣柔道施設、野球場や総合運動公園などの施設利用手配が可能。マイクロバス(24人乗り)とワゴン車(9人乗り)で最寄り駅、町内運動施設へ送迎対応もしています。

都内から合宿へ行くなら秩父が便利

都内からのアクセスがよく、費用も時間的にも気軽に行ける埼玉県秩父エリアには、合宿プランがある施設が多数。交通手段に関しても車または電車で現地まで行けば、滞在中の送迎は宿泊施設のマイクロバスなどで対応するところが多く、負担も少なくて安心です。

自然豊かな秩父、年中開催されるさまざまな行事やイベント日程に合わせて行けば、参加者のリフレッシュやコミュニケーションの促進にもなります。次の合宿は秩父エリアを検討してみてはいかがでしょうか。

人気モデルコース

お問い合わせ・ご相談は
こちらから!